黄金芋

2016.11.27 18:00| ・ お料理全般・食材
今秋は葉物が品不足で今でも高いけれど、じゃがいもとさつまいもは例年よりもちょっと安い。(でも、かぼちゃは高い)
さつまいもは大好きなので、紅あずま、鳴門金時、シルクスイート、安納芋、マロンゴールドとかいろいろ食べてみた。
特に好きなのは、産直ショップで購入した「黄金千貫」。ホクホクした食感で、栗みたいな味がして美味しい。

近くにある百貨店で、宮崎県産の「黄金芋」というラベルで売られていたお芋を見つけたので、店員さんに「黄金千貫」なのかどうか訊いてみた。
「黄金芋」というのは、白いお芋のことで、これは「黄金千貫」ではなく、普通の「黄金芋」。黄金芋と普通の赤いさつまいもの中間のようなお芋なのだそう。
ためしに1袋(6本入り)を買ってみて、早速蒸し焼きに。皮は薄めで、皮と同じく果肉も白っぽい黄色で、黄金千貫よりも甘さは少ないけど、これもホクホク栗っぽくて美味しい。

調べてみると「黄金芋」(または「白いも」)の種類は、「安納こがね」「黄金千貫」「沖縄・伊計島の黄金芋」「愛媛・新居大島の『七福芋』」「シロユタカ」「カイアポ芋・シモン芋」など。
「マロンゴールド」も皮は白い。果肉は黄色っぽくて、一度食べたことがあるけれど、果肉の食感がネットリして、期待したほど栗っぽい味ではなかった覚えがある。たまたまそういうお芋だったのかもしれないので、もう一度食べてみよう。

[2016.12.10 追記]
1個100円で売られていた「マロンゴールド」を購入。
蒸し焼きにしたせいか、食感はネットリして、かなり甘い。(安納芋の方がさらに甘い)。
名前のとおりも栗みたいなホクホクした食感ではなかったけど、味はちょっと栗っぽかった。これはこれで美味しい。
どうやら焼き芋にしたら、少しホクホクするらしい。


<参考情報>
[第76話 農] 黄金色のねっとりイモ[ブログ「沖縄・食・農・南」]
沖縄・伊計島の黄金芋。これは皮が赤く、果肉はオレンジがかった色。

安納こがね[安納芋・特産品の宇宙船種子島]
白い安納芋は食べたことがない。
これは安納芋(紅)の皮の白いものを選別して品種改良したお芋。外皮は白っぽい黄色、果肉はオレンジ色。普通の安納芋と同じように糖度が高く、水分が多いネットリ系。日持ちは長くなく傷みやすい。

黄金千貫[旬の食材百科]

白いも生産者 白石寍美さん[えひめ一周サイクリングの旅/里山里海グルメ発見伝]
大島でしか育たないサツマイモ[愛媛いいもの図鑑]
愛媛・新居大島の『七福芋』。収穫量は年に数十トンと僅か。
皮色が白く、肉色が黄色で、白いもは栗きんとんに匹敵するほど甘い。糖度15度のものもある(イチゴや梨の糖度は12度前後)。煮たり蒸したりすると飴のようにとろける。(←そんなに甘いのなら、一度食べてみたい)

サツマイモ <野菜コンシェルジュ> 野菜辞典 vol.19
主なサツマイモの品種と選び方が載っている。サツマイモの切り口から出ている黒い塊は「蜜。糖度が高い目印だそうなので、これからは蜜が出ているものを買うべし。

芋はホイルで包むと包まないでは焼き上がりの味が違う[デイリーポータルZ]
「芋をホイルと新聞紙で包む、ホイルだけで包む、包まないの3通りで焼き比べた。」という実験結果。
確かに、そのまま皮ごと焼いたおいもは、ホクホクするけれど、甘さがもうひとつ。
いつもは、セラミックロースターで皮つきのまま丸ごと蒸し焼きにしている。細目のおいもだと、20分前後で焼ける。
試しに、皮つきのまま濡らしたクッキングタオルを巻いて、さらにアルミホイルで包んで、ガスコンロのグリルで焼いてみた。
20分ほどして、串がすっと通るくらいの柔らかさになったので、包みを外してみると、皮が蒸した状態でべっとりして、焦げ目がついていなかった。
何にも包まずに、皮つきのままグリルでさらに5分くらい焼くと、皮にしっかり焦げ目がついて、焼き芋風のホクホク感と、安納芋やマロンゴールドのようなネットリした甘さがあって、かなり美味しい。
火力の強いグリルを使えば焼き時間も短縮できるし、紅あずまとか鳴門金時でもとても甘くなるので、これが私にはベストな焼き方。
この実験でいうと、たぶん200℃で焼いたオーブントースターの結果に近いと思う。ただし、ガスグリルの場合は、300℃~400℃くらいの温度で焼くので、トースターの半分くらいの時間で焼ける。

コメント

さつまいも、私も好きです

yoshimiさん、こんばんは。

さつまいも、美味しいですよね!私も大好き。
仕事に持っていくお弁当にも、砂糖、醤油で煮たのや、レモン煮など入れてます。甘いものが欲しくなるので。
本当、最近は色々な名前、種類のさつまいもを見かけますね。
色々と試していらっしゃるのが、研究熱心なyoshimiさんらしいです。

料理にお菓子にいろいろ使えます

ANNAさん、こんばんは。

さつまいも、美味しいのでついパクパクと食べてしまいますが、糖質が多いので太りやすいですね。
以前は煮物にしたり、ケーキやパンに入れていましたが、今は焼き芋か蒸し芋にしてから、厚さ1cmにカットして冷凍保存してます。
これを電子レンジで加熱すると、甘みが増して美味しくなりますし、食べ過ぎ防止のため、食後や間食に1個づつ食べるようにしています。

栗きんとんにぴったりな「七福芋」は、お店では見かけたことがないので、今年のおせち料理には、ネットリ甘い安納芋を栗きんとんに使おうと思っています。
それに、今年の冬は寒くなりそうなので、干し芋も作りたいですね。
非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。