PASCO「4種のナッツのイングリッシュマフィン」

発売当初から気になっていたPASCO「イングリッシュマフィン4種のナッツ」
PASCOの超熟イングリッシュマフィンシリーズは、プレーン・全粒粉・ライ麦を一通り買ったのだけど、マフィンが薄くて、生地もそれほど美味しいとは思わななかったので、リピートせず。
これはナッツがアーモンド・カシューナッツ・くるみ・ヘーゼルナッツの4種類入っているし、店頭でもよく売れているので、味見用に4個入りを買ってみた。(味見だけなら2個入を買いたかったけど、全然入荷しないので)

生地に小麦胚芽を練り込んでいるというわりに、配合量が少ないせいか、生地が白っぽくて、小麦胚芽独特の香ばしさは(あまり)ない。
サワー種を使っているので、生地にちょっと酸味があるような気がするし、醸造酢が入っているので、パンを温めると酢の香りがきつい。
ナッツは、長さがほんの数ミリ(ときどき1cmくらいのもある)の小さな粒が、生地中にパラパラと散らばっている。(外観は、もっと大きいナッツがたくさん入っているように見えるのだけど)
タカキベーカリーの「くるみ食パン」みたいに大きな塊がゴロゴロっと入ってはいないので、ナッツの量はかなり少ない感じがする。4個でナッツが合計多くても20gくらい? 30gは入っていないと思う。
それに、粒がかなり小さいので、ナッツによく注意して噛まないとどのナッツの味かがよくわからない。
4種のナッツのなかでは、最も高価格なヘーゼルナッツの配合量が一番少ないので、多少入っていたとしてもたぶん気が付かない。

それでも、PASCOのイングリッシュマフィンシリーズのなかでは、歯ごたえがよくて、私にはこれが一番美味しかった。
4個200円くらいなので、ナッツの量が期待したほどに多くはないとはいえ、他のイングリッシュマフィンを買うよりは断然お得感がある。
でも、ナッツは美味しくても、パン生地が私には美味しくなかったので、リピートするかどうかは微妙。少なくとも定価で買う気はしない。
このパン生地の味なら、HBで作ったが美味しい。酢は入れないし、マーガリン・ショートニングは不使用で、バターかココナッツオイル・オリーブオイルを入れるし、味の良い粉を使えるので。
4種のミックスナッツなら、230g入りが700円くらいだし、くるみは常備しているのでアーモンドだけ買ってくれば、似たようなパンが作れる。

いつもはホームベーカリーで作ったパンを食べているので、市販の袋入りパンはほとんど買わない。
ベーカリーショップで袋詰めしていない焼き立てパンは、原材料表示がないので、こちらもめったに買わない。インストアベーカリーでは、添加物の多い冷凍生地を使っていることも多い。
夏はHBで作ると過発酵しがちなので、使っている素材に興味のある新発売のパン(菓子パン・惣菜パン以外)は、味見がてら1つ買ってみて、気に入ったパンだけ時々買っている。

タカギベーカリー「くるみ食パン」
他社のクルミ入りぱんに比べると、クルミの量がかなり多めで、粒も大きい。(クルミが高くなってから、量が少なくなったような気がする...)
クルミが高かった時はお得感があったのでよく買っていたけど、今はクルミがかなり値下がりしたので、自分で作った方が低コスト。
それに、ショートニングが使われているせいか、食べ過ぎると少し胸やけがする。
[2017.1.2 追記]久しぶりに買ったら、クルミがさらに減っているし、耳の近くに多いので、中央部はクルミがほとんど入ってなくて、普通のパン。このクルミの量なら、「4種のナッツのイングリッシュマフィン」の方が、小粒ながらもナッツが多くて美味しいと思う。


トップバリュセレクト「極BREAD」
総じて評判があまり良くないらしいトップバリュブランドのパンのなかでは、添加物不使用で、原材料には国産小麦(一部)・発酵バターを使っていて、品質は良く、ずっしり重い(1斤420gくらい)。
しっとししたきめの細かいクラムで、甘すぎず乳製品(発酵バター、生クリーム)のコクもわりとあり、新鮮なものをそのまま食べるのが一番美味しいと思う。でも、常温保存だと少しパサつくので、いつも冷凍保存。
この原材料で1斤300円ならわりとお得。同じような材料の食パンをベーカリーショップでは400円以上で売ってたりする。同じ価格帯の袋入り食パンのなかでは美味しい方だと思う。
同じく1斤300円くらいするPASCOの食パン「超熟/国産小麦」も食べたことがある。
こちらは特に際立って美味しいというほどではなかった。国産小麦&バター入りパンならHBでもつくれるし、もともと超熟みたいなフワフワした食パンは好きではないので、リピートせず。


神戸屋「円熟/五穀」
ときたま買っている「円熟」シリーズの”五穀”。「ライ麦+発芽玄米+ハト麦合計で小麦粉対比8.9%、黒米粉末+ペーストで5.3%、黒ごまで1.0%配合」で、合計15%くらい。
ぷちぷち感とほのかな甘みがあり、もっちり・しっとり感が少しだけあるけれど、食感は軽い。日持ちがせず、すぐにパサパサするし、冷凍庫に入れたらスカスカして、もともとの水分量がかなり少ない。
添加物ゼロというわけではなく、Ph調整剤(雑穀類を入れたパンには良く入っている)とか数種類使っている。
1斤(300g少々、6枚切食パンの5枚相当)で270円くらい。3枚入りは140円弱。ちょっと高い感じはするけど、「円熟」全粒粉入りが200円くらいなので、雑穀を入れるとこれくらいになるのだろう。
神戸屋のパンなら、価格高めの「むぎの詩」シリーズが添加物がほとんど入っていなくて、味も良かったと思う。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。