門真れんこん

2016.12.28 08:59| ・ お料理全般・食材
今年のおせち料理に使う食材をそろそろ買い始めた。
大阪府内でしかたぶん店頭販売されていないと思う「門真れんこん」(「河内れんこん」ともいうらしい)を使おうと思って、1本買ってみた。以前食べたことがあり、もちもちした食感が面白かったので。

門真れんこんは、なぜかいつも泥付きのまま販売されている。保存方法を調べていたら、いろいろ面白いことがわかる。
でんぷん質の多いモチモチとした食感のある蓮根ができるのは、泥沼状態の粘土質の土。
保存するときは、この泥を乾燥させないように濡れた新聞紙で包んでビニール袋で密閉して冷蔵庫で保存すると日持ちするとのこと。
煮るとお餅のように柔らかくなるそうなので、お雑煮に入れると、お餅の代わりになる?

食材レポート07 河内蓮根[関西食文化研究会]
「肉厚で繊維質が詰まっており、煮ると餅のように柔らかくなるのが特徴。モチモチとした食感で食べごたえがあるよ。すりおろして料理してもらうと、旨さをより味わってもらえる。」

旬食予報/れんこん(門真れんこん/小林淳一)


門真れんこんの収穫作業の映像を見つけて、びっくり。粘土質の沼地から泥まみれになって引っこ抜いていた。
こんなに大変な重労働だとは知らなかった。苦労して収穫された蓮根なので、有難くいただきます。

レンコン堀り (大阪門真三ツ島)



コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。