京芋(たけのこ芋) 

2017, 01. 31 (Tue) 18:00

年末から出回っている”京芋”は、京都の特産品ではなくて、産地は宮崎。外観がタケノコによく似ている。別名”たけのこ芋”。
京都の特産品の京芋は、”海老芋”という。

私が買ったのは”たけのこ芋”の方。
細長いので、ピーラーで皮が向きやすく、荷崩れしにくい。
下茹でしてから煮込んでも、火が通りにくく味が染みにくい。
下茹→冷凍してから煮ると、味が染みやすくなった代わりに、繊維質が多いので、食感が悪くなる。縦長に切るより、繊維を断ち切るように輪切りにした方が食感が良い。
ぬめりが少なく、少しホクっとした食感なので、下茹でしてからバター焼きにすると歯ごたえがあって美味しい。

タケノコイモ(京いも):里芋の品種[旬の食材百科]

<レシピ>
京いも料理[宮崎を食べよう]
京芋のバター焼き [cookpad]
京芋の煮物 [cookpad]
京芋って知ってますか?[楽子の小さなことが楽しい毎日]


いろんな芋で干し芋を作る京いもは蒸す。[@nifty:デイリーポータルZ]
珍しく、京芋を干して食べる実験をしていたので、私も蒸してから干し芋にしてみた。
厚切りにすると、中央部がなかなか乾かず、ベタっとしている。
7mmくらいの薄切りだと、しっかり乾いていた。
ドライ状態の干し芋をガスコンロの火であぶって食べると、お芋の味が凝縮して、塩とか何もつけずに食べても、美味しい。
冷凍保存した干し芋を煮込むと、すぐに柔らかくなりすぎるので、煮込みすぎに注意しないといけない。

0 Comments

Leave a comment