常備菜にザーサイ

2017.02.28 12:00| ・ お料理全般・食材

漬物はいつも自家製。添加物がたくさん入った漬け液で漬けられている市販のお漬物は買わないので。
例外は、高菜漬け。生の高菜を近くのお店で見かけたことがないので、菜っ葉を丸ごとつけている無添加製品を買っている。

最近気になっていたのは、カルディで見つけた「ザーサイ」。
ザーサイは中華料理とかに入っているだろうけど、長い間食べた覚えがないので、どんな味と食感なのかすっかり忘れてしまった。
生野菜としてのザーサイは、国内で作っている農家はあっても、実物を店頭で見たことがないので、生産量は少ないと思う。
カルディの「ザーサイ」は中国からの輸入品で、500g入り。ホールで2~4個入っている。
ホールごと、唐辛子と塩だけで漬け込んでいるので、開封後も日持ちしそう。
試しに1パック購入。3個入っているので、1つだけ使って、残りは冷蔵庫で当分そのまま保存。

友盛貿易 四川極品ザーサイ(ホール) 500g友盛貿易 四川極品ザーサイ(ホール) 500g
(2000/8/13)




唐辛子を水でしっかり洗い落として(指が赤くなってしまった)、1~2mm厚さにスライスしたものを、20分間水にさらして塩抜き。
これでもまだ塩気が強い。(水にさらしすぎると旨みが抜けるのでほどほどに)
スライスして塩抜きしたザーサイは冷凍保存できるし、それを炒めものに使っても、食感はあまり変わらず、コリコリとした歯応え。

ザーサイの味は、高菜漬けにちょっと似ている。
中国では、ザーサイと他の具材を炒めたり合えたりして、調味料がわりに使うのが定番らしい。
お漬物文化の日本なら、そのまま食べられるし、ごま油と白ごまで炒めると、高菜漬けみたいな味で美味しい。常備菜にぴったり。


<参考情報>
ザーサイ[食材図鑑]

ザーサイの使い方[クスパ]

ザーサイってこんな植物だ 〜中国のザーサイ作り〜[ウチのカミさん中国人 ~毎日が異文化~]

ザーサイのレシピ[みんなのきょうの料理]
 
ザーサイを育てたら葉っぱがうまかった[デイリーポータルZ:@nifty]

コメント

yoshimiさん、こんばんは。
ザーサイ、私も好きです。
そのまま食べても、炒めても美味しいですよね。
ザーサイのレシピも参考になりました。
いつもスライスしてある物を買って来ていて、ホールで買うということを思いつきませんでした。
そうか。すぐ食べない分は、冷凍保存しておけばいいんですね。


 

ANNAさん、こんばんは。

初めて買ったホールのザーサイですが、とっても気に入ったのでまた買いました。
お漬物でも炒め物でも、何にでも使えて重宝ですね。
お惣菜のザーサイといえば、桃屋が定番のようなのですが、私は食べたことがありません。砂糖と醤油を使っているので、甘辛いのかもしれませんね。

ホールの状態なら唐辛子と塩漬けになっているので、開封後も冷蔵庫で1か月くらい保存しても大丈夫でした。
塩抜きして調理したものは、1週間分は冷蔵庫に常備してます。
私は3~4個入りを選んで、だいたい1週間に1個を塩抜きして、ゴマ油で炒めてます。冷凍しても食感があまり変わらないので、作りすぎた分を冷凍保存しておくと、調理する手間も省けます。
カットも保存もしやすくて便利なので、味が似ている高菜漬けは買わなくなりました。
非公開コメント

◆カレンダー◆

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。