*All archives*



レーゼル ~ ウェーバー/舞踏への勧誘
レーゼルの最新ライブ映像は、2017年1月にドイツ・ザクセン州Pirna(ピルナ)のGraupa(グラウパ)にあるJagdschlossで行われたリサイタルから、ウェーバの《舞踏への勧誘》。ピアノ小品集『楽興の時』にもこの曲を録音している。

楽興の時~ピアノ小品集楽興の時~ピアノ小品集
(2015年06月03日)
ペーター・レーゼル

試聴ファイル(e-onkyo.music)



調べてみると、会場の”Jagdschloss”とは狩猟用の城館のこと。ドイツには”Jagdschloss”がいくつもあり、博物館やホテルとして使われているものもある。
”Jagdschloss Graupa”にはヴァーグナー記念館やレセプションホールが併設されている。Graupaは、ワーグナーと妻ミンナが1846年に夏を過ごしたことで有名な町だった。


Carl Maria von Weber, "Aufforderung zum Tanz" (1819)


ドレスデンから電車で1時間くらいかかるGraupaまで、ウェーバー記念館のピアノを持ってきたらしく、ピアノに”Klavierhaus Weber Dresden”とペイントされている。
レーゼルが長い間教授職を務めたドレスデン音楽大学の正式名称は”Hochschule für Musik Carl Maria von Weber Dresden”。ドレスデンがウェーバーゆかりの地というのは、数年前にレーゼルのプロフィールを読んで初めて知った。
Carl-Maria-von-Weber-Museum

冒頭主題を回想するコーダの手前で、パチパチ~と拍手。そこで拍手したくなる気持ちはよくわかる。
ドイツでも、誰でもこの曲を知っているというわけではないらしい。
レーゼルが、”ここで拍手しちゃだめだよ!”と手をひらひらさせたり(コーダは左手で弾き始めるので、うまい具合に右手がちょうど空いているし)、本当に曲が終わった時には”もう拍手していいよ”と手でおいでおいでしたりしている。
外見は生真面目に見えるけれど、お弟子さんの高橋望さんが言っていた通り、実はユーモアのある面白い人なんだと思う。

tag : ウェーバー レーゼル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。