今が旬の生わかめ

2017.03.30 18:00| ・ お料理全般・食材
毎年この時期に新物が出回る「わかめ」。
塩蔵わかめと乾燥わかめはいつでも手に入るけれど、新物は3月~4月にかけてしか食べられない。
近くのお店で出回っているのは、三陸、鳴門、大阪産のどれか。産地によって味と食感とかが違うらしい。

6. わかめ上級者は、産地によって使い分け〜わかめをめぐる9つのストーリー[松永和紀,FOOCOM.NET]

わかめは、葉っぱが「わかめ」、芯が「茎わかめ」、根っこが「めかぶ」になる。
それぞれ別々に売られているので、早速わかめと茎わかめを購入。

わかめには茎、茎にはめかぶもついているので、食感の違いが楽しめる。
歯ごたえのあるコリコリ食感が好きなので、わかめよりは茎を買う方が多い。
めかぶは初めて食べたけど、わかめよりもこっちの方が歯ごたえがあって好きなので、次はめかぶだけ買うつもり。

<保存方法>
わかめなら、塩蔵すると冷蔵庫で数か月保存できる。干して乾燥する方法もある。
わかめを塩づけまたは湯通しして冷凍したら、さらに長期保存できる。
(カットして冷凍したら、くっついて固まっていた。少量使う時は使いにくい)

めかぶは、カットして冷凍しても、わかめほどにくっつかないし、ばらせるから便利。
冷凍しても、茎わかめと違って、食感があまり変わらないのが良い。

茎わかめは、茹でて冷凍すると、料理した時に水分が抜けて、厚みが無くなって、フニャフニャ(市販の塩蔵茎わかめも同じ)。つくだ煮を作るときは、こっちの方が味がしみやすく、調理時間も短縮できる。
コリコリ食感を楽しむなら、冷凍せずに、(茹でて)すぐ調理して使い切るに限る。

生わかめの保存方法[Cookpad]
生わかめを買って食べてみよう★保存法[OKWAVE Guide]
生わかめ 食べ方 下処理の仕方・茹で方・冷凍の仕方を紹介 しゃぶしゃぶも出来ます。[kyokoキッチン]


<レシピ>
私が一番重宝しているのは、茎わかめ。酢の物、和え物、炒め物などいろいろ使えるし、レシピを探すと味噌漬けしても美味しいらしい。(味噌漬けは今度作ってみよう)

めかぶレシピ[山内鮮魚店]
茎わかめレシピ[山内鮮魚店]
茎わかめの味噌漬けの作り方[つくる楽しみ・趣味で作る料理や家庭菜園など]
くきわかめとしょうがの和え物|[ 遠藤水産]
えのきだけと茎わかめの和え物[キューピー]
くきわかめのレシピ[生協パルシステム] - 茎わかめのアマニあえ、くきわかめと豚肉のソース炒め、くきわかめと桜えびの香りおにぎり、くきわかめのきんぴら、くきわかめの漬物


<参考情報>
松永和紀「わかめをめぐる9つのストーリー」
1. 日本人のわかめ消費量はこの40年で約4倍に
2. 東日本大震災を経て、三陸産わかめは
3. 放射性物質は心配ない。なのに…
4. わかめの製法には工夫が満載
5. わかめの健康効果は?"
7. 中国産わかめ、なにが違う?
8. 新しい味、冷凍わかめを知っていますか?
9. 食べ方を再度、伝えて行かなければ……
(以上、FOOCOM.NET/専門家コラム:「めんどな話になりますが…」より)

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。