タイガー/オーブントースター「UMA-PAN」 KAE-G13N

2017.04.15 18:00| ・ Cooking Goods
amazonで注文して、翌日届いた新しいタイガーのオーブントースター”UMA-PAN”。

タイガー オーブン トースター マットブラック やきたて KAE-G13N-K UMA-PAN Tigerタイガー オーブン トースター マットブラック やきたて KAE-G13N-K UMA-PAN Tiger
(2016/10/19)
タイガー魔法瓶(TIGER)

この機種は、なぜか<ルート限定品>。家電ショップならどこでも取り扱っているというわけではないらしい。(yodobasiのオンラインショップにはなかった)

製品レビュー:タイガーの「うまパントースター」KAE-G13Nを購入!その名の通り美味しくパンが焼けるオーブントースターです![HHS変デジはてな支所]


<使いやすい点>
〇庫内が広く、高さも充分。
今まで使っていたパナソニックのコンパクトオーブン(NB-G130-S )よりも横幅と奥行きとも広いので、一回で焼ける分量も多く、パン生地同士が焼成中に膨らんでくっつかないように余裕をもって並べられる。
高さ(網からヒーターまでの距離)は、仕様上はパナ機より0.5cm低いのに、実際にパンを置くとちょっと高い感じがする。ベーグルや背の低いケーキなら問題なく焼ける。

〇ヒーターが明るい。
庫内の照明がなくても、(サーモスタットで)ヒーターが消えている時でも、焼け具合がよくわかる。(扉のガラスの透過性が高いからかも?)
パナ機はヒーターが暗くて、扉のガラス越しに見ようとしても、照明兼用の近赤外線ヒーターがつかないと、焼け具体が全然わからない。

〇焼き網のメッシュが細かい。
小さめに切ったパンでも水平における。パナ機は波型で隙間が広いので、パンが小さい(サイコロ状とか)と網からはみ出たりする。

〇焼き網がセットしやすい。
アルミ枠に載せる構造なので、引っかける方式のパナ機よりもセットしやすい。

〇シリコン加工の深めの受け皿。
シリコン加工は汚れにくく、洗いやすい。深型なので食材が置きやすいし、オーブンシートもはみ出しにくい。
これだけ広くて深ければ、私が作る分量程度のパンやお菓子なら余裕で並べられる。

〇火力が強く、トーストは短時間で焼ける。
タイガーのホームベーカリーで焼いたフランスパン風食パン(1/2枚)を250℃で焼き時間3分(くらい)でトーストしたら、2分くらいでこんがり焦げ目がついて、表面はサクサクと普通に美味しい。パナ機よりも速く焼ける。
薄く水平にカットしたハードベーグルは、2分でも危うく焦げ付きそうになった。
短時間(数分)ならサーモスタットが作動せずにヒーターがずっとついた状態になるので、火力がかなり強い(特に下火)。
230℃2分でベーグルを焼いても、クラムはあまり焼き色がつかずに、淵とクラストがかなりこんがり。
200℃2分で上下を逆に焼いたら(カットした断面を下向き、皮部分を上向き)、下火で焼いたクラムに強い焼き色がついて、クラストは程よい焼き具合。200℃で1分半くらいでも良さそう。
パナ機よりも火力が強い。それに、上側より下側のヒーターの方が火力が強いのかも。

〇焼きムラが少ない。
パナ機と比べて、庫内が広く、上側ヒーターが1本(パナ機は2本)しかないので、長時間(5分以上?)焼く場合は、サーモスタットがよく効いて、焦げにくく、焼きムラは少ない。(その代わり焼き時間が長くなる)
サーモスタット効果とともに、「熱反射の高いガルバニウム鋼板を側面に採用。また庫内後部に角度をつけて手前へ熱反射を促進」する仕組みなので、これも焼きムラが少ない理由の一つかも。

〇30分のロングタイマー
焼成時間が15分以上かかるもの自家製ケーキとパン作りには便利。
でも、ケーキとパンを焼くのは月1回もないので、主用途がトーストなら15分タイマーでも充分。

〇ヒーターの上に(落下物除けらしき)金属棒付き。
よく見たら、下側ヒーター(2本とも)の数ミリ上方に、ヒーターと並行して細い金属棒が一本づつ付いていた。
たぶん、焼き網から落ちてくる物がヒーターに接触するのを避けるためのバーだと思う。パナ機にはついていなかったので、こういう細かい工夫がされているのは良いところ。


<使いにくい点>
▲サーモスタットが効きすぎ。
カスタマーレビューでも書かれていた通り、サーモスタットが効きすぎて、ヒーターが消える頻度と時間がかなり多い。(ヒーターが消えている時間が9割くらい?)
同じ温度設定なら、パナ機よりも焼成時間が2~3割くらい長くなる。(庫内が広いことも多少影響していると思う)

トルティーヤチップスを焼くのに、180℃8分で設定すると、ヒーターがたびたび消えるので、途中で200℃とか230℃に設定しても、なかなか焼き色が付かず。(生地の水分が多すぎたかも)
長く焼いたわりに、全体的に焼き色は薄く(中央部は焼き色もついていない)で、ほとんど焦げた部分がない。生焼けというわけではなく、サクっとした食感。(もっとパリパリに焼けてほしい)

自家製ベーグルは、200℃18分で焼くと、焼き色が薄く、白っぽい部分がかなり残っている(クラムはほぼ焼けている)。
220℃くらいで5分追加焼成したら、こんがりと焼き色がついて、焼きムラも少なく、クラムまでしっかり焼けている。
(パナ機の場合は、180℃18分くらいで濃い焼き色がつく。ヒーターに近い部分が焦げ付き気味なので、途中でアルミホイルをかぶせないといけない)
この機種に限らず、タイガー製のオーブントースターは、サーモスタットが効きすぎて、焼き時間が長くなるというレビューがいくつもある。

自家製ベーグルを215℃くらいで焼成したところ、18分~20分間で焼きあがり。
全体的にほどよい焼き色が付き、焼きムラは少ない。トースターの扉側に向けておいた側面の焼き色が薄いのはパナ機でも昔使っていたオーブンレンジでも同じ。
普通の温度設定より多少高い温度なら、サーモスタットが効いても焼成時間が短縮できるし、アルミホイルなしでも焦げつかない。
ベーグルもトーストして食べるので、クラストはあまり濃い焼き色をつけない方がいいから(トーストすると焦げやすいので)、これぐらいがちょうどよい感じ。

自家製チーズケーキは、215℃5分(予熱代わりにかなり高温)→200℃25分(焼き色が薄い)→180℃5分で焼き上がり。
アルミホイルなしでも焦げつかず、全体的に綺麗な焼き色がついて、中もしっかり火が通っていた。
チーズケーキの場合は、パナ機(180℃)より少し温度設定を高くしたので、焼き時間はほとんど同じ。部分的に強い焦げ目がつくパナ機の場合は、焦げ付き防止のために途中でアルミホイルを株さないといけないので、その手間はかからない。
これだけ焼きムラが少なく綺麗に焼けるのなら、オーブンとして充分使えるし、予熱不要なのでオーブンレンジよりも使いやすい。

▲ゼンマイ式タイマーの目盛りが狭くて、微妙なセットはムリ。
30分のロングタイマーなので、分単位の目盛り間隔が狭くて、ピタっと合わせにくい。目盛り間隔が広い15分タイマーの方がセットしやすい。
それに、ゼンマイ式なので、巻き戻すのが硬い。(ゼンマイ式を使っていたのは子供の頃だけ。以前はエレクトロラックスのポップアップトースターとオーブンレンジを使っていた)
こういうところは、30秒単位で設定できるパナ機のマイコン式の方が使い勝手がいい。
といっても、使い勝手は慣れの問題だし、使い方はパターン化しているし、どのみち焼き具合を見ながら焼き時間を調整するので、実質的にはほとんど問題なし。

▲パンくずトレイが引き出しにくい。
本体間にパンくずトレイとの隙間があまりないせいか、引き出すときにガタついて、スムースに引き出せない。


トータルで考えれば、トーストと自家製お菓子&パンは上手く焼けるし、マイコン式パナ機の半額以下という実売価格を考えれば、機能もコストパフォーマンスも充分に良い。
使い勝手の悪いところ(サーモスタットが効きすぎて焼成時間が長くなる、トーストの下火が強い、とか)は、使い慣れれば、温度と時間を上手く調整できるようになるので、全然問題にはならない。
マイコン式でなくても、オーブン代わりに充分使えるのがわかって、パンやお菓子を焼くのにとても重宝。意外とお買い得感があって、損のない買い物だった。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。