【論文情報】欧米型の食事でも死亡リスクが低下

2017.06.01 18:00| ・ 医療全般
欧米型の食事でも死亡リスクは低下? 食事パターン別の意外な研究結果[J-CASTニュース]

2017/5/24 食事パターンと死亡リスクとの関連について-「多目的コホート研究(JPHC究)」からの成果-[国立がん研究センター]
食事パターンと死亡リスクとの関連について―多目的コホート研究(JPHC研究)からの成果報告―[国立がん研究センター]


<調査方法>
40~69歳の男女約8万人を約14.8年追跡し、食事パターンと死亡リスク(全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡、心疾患死亡、脳血管疾患死亡)との関連を調査

134項目の食品・飲料の摂取量に基づいて、3つの食事パターンに分類

「健康型」 野菜や果物、いも類、大豆製品、きのこ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶など

「欧米型」 肉類・加工肉、パン、果物ジュース、コーヒー、ソフトドリンク、マヨネーズ、乳製品など

「伝統型」 ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物など


<調査結果>
「健康型」食事パターンのスコアが高い人は低い人に比べ、全死亡のリスクが約2割、循環器疾患死亡のリスクが約3割低下。

「欧米型」食事パターンにおいても、そのスコアが高いほど全死亡、がん死亡、循環器疾患死亡のリスクが低下する傾向
ただし、がんの部位によって関連する栄養・食事因子が異なるため、さらなる研究が必要。

「伝統型」食事パターンと死亡リスクとの関連はみられなかった。

本研究の特色は、「欧米型」食事パターンにおいても、死亡リスクの低下がみられたこと。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿と思われるコメントや、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。