*All archives*



クラシックのストリーミング市場
日経新聞電子版に掲載されていた「廉価盤CD大手ナクソス30周年のネット戦略」
ナクソスは、『NAXOS30周年記念BOX(30CD)』を4月に発売済み。

今までにナクソスが発売したCDは、9000タイトル以上。このCD不況のご時世にもかかわらず、新譜は年間200枚。
クラシック(とジャズ)を主体にした音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)」は、当初参加していたのは中堅・中小レーベルが多くて、メジャーな演奏家の録音はかなり少なかった。
それが、いつの間には大手レーベルも次々と参加して、音源の種類と数が一気に増えて、本当に便利になった。

日経の記事によれば、「クラシックのストリーミング市場では現在、金額ベースでスポティファイが40%、ナクソスが25%、アップルが15~20%、アマゾンが10%」。
クラシックでもシェア第1位はspotify。金額ベースの比較なので、有料会員のデータのはず。
NMLは一般会員なら月額1,998円。音源数は配信CD枚数が115,216枚 (1,730,799曲)。
spotifyは月額980円で、制約もいろいろあれど無料会員でも利用できるというのが強み。ただし、クラシックを含めた全音源数が4000万曲以上なので、クラシックに限定した音源数がわからない。
無料なら音源数が少なくてもかまわないだろうけど、有料の場合はNMLとどちらが良いかは微妙。
NMLに登録されていない音源でも、spotifyなら全曲聴ける音源があるし、逆にNMlLに登録されていても、spotifyでは聴けない音源もある。

【海外】定額制音楽ストリーミング・サービスの市場占有率を発表、スポティファイが62%でトップ(2017年03月06日)
これはクラシックに限らず、全てのジャンルトータルのデータ。

↓の記事によると、spotifyの無料プランにはいろいろ制約がある。
モバイル端末で聴く場合は、必ずシャッフル再生。
クラシックの場合は、複数楽章ある曲も多いので、暇つぶしに音楽を聴き流すのならこれでも良いかも。
私はモバイルで音楽は聴かないので(ヘッドフォン難聴対策のためと、そもそも雑音の多い環境で音楽を聴きたいとは思わないので)、特になんとも思わない。

パソコン/タブレット版は、専用アプリをダウンロードして使う。iTunesによく似た画面で私には使いにくい。それにモバイル版と違って、30日ごとに15時間までしか聴けない。(試聴音源代わりに使うので、私としては全然構わない)
どの端末で聴こうが、曲間のブランク部分に時々(30分に1 回らしい)CMが入る。無料利用なのでこれは当然のこと。

クラシック音楽中心にSpotifyを楽しんでみた♪[月枷.log]
Spotifyは無料でどこまで使える? 試してわかった「できること・できないこと」[<山本敦のAV進化論 第111回>、PHILE WEB]

私の場合は、幸いNMLは公共図書館の共通IDで利用できるので、コストはゼロ。
パソコンで実際使ってみて、NMLとspotify(無料版)を比べると、検索機能や音源リストの見やすさなど使い勝手と、クラシックに限った音源数の多さは、NMLが断然優れている。(spotifyの有料版でも、こういうところは変わらないと思う)
spotifyで困ったことは専用アプリが重い上に(時間帯にもよる)、一緒に立ち上げていたブラウザまで重くなってしまうこと。
そもそもストリーミングサービスは、ほぼCDを買うための試聴音源として使っているので、敢えてspotifyを使う必要性は低いし、NMLだけでも充分役に立っている。
結局、あまり使いそうにないspotifyのアカウントは削除して、アプリもアンインストールした。
やはり、せっかく綺麗なピアノの音なのに、パソコン(やスマホとか)ではその美しさが聴き取れないのがあまりに惜しいので、いい音で聴けるステレオとヘッドフォンでCDを聴きたくなる。
Secret
(非公開コメント受付中)

少し種類はちがいますが
こんには。
i-dioという放送サービスが昨年から始まりました。こちらは、あくまで放送ですのでタイムテーブルに従って曲が流れてくるだけですが、音質はとても良いと思います。
クラッシック専用チャネルがあり、24時間流れています。音質がとても良いので、時々流し聞きしています。
ただ、スマホのアプリでの受信でかつ最初は専用のチューナーがないと受信できないので少々不便です。放送初期では、チューナーをモニター用として無料配布していたのですが、今では有料になってしまってました。
AppleのiTunesやamazon musicでは膨大な曲数を短期間で取り込む都合上、音質はあまり重視されていないような曲もあるように感じていますが、でもとても便利で、良く曲探しに没頭してしまいます。(最近は、ピアノソロで落ち着いた感じの曲をよく探しています。)
i-dio、初めて知りました
hiroshiさん、こんにちは。

クラシック専用放送というと、クラシカジャパンは有料のTV番組ですし、NHK-FMはクラシック以外の番組も多いので、無料のクラシックチャンネルというのは日本では新しいサービスですね。

i-dioのチューナーはamazonなら2980円、専用スマホは14000円で販売していますので、初期投資としては安いですね。しばらく使い続ければすぐにコストは回収できます。

私の場合は、スマホを持っていないので利用することはありませんが、スマホを持っていたら、モバイルではなく自宅の部屋で聴くでしょうからチューナーで充分です。
amazonのレビューを見ていると、屋内ではあまり上手く受信できないかもしれませんね。

iTunesやamazon musicは曲数が多いですし、新発売のCDもいろいろ聴けるのがいいところです。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。