かんだやぶそば

2006.12.04 22:00| ・ お料理全般・食材
昔勤めていた会社時代の同僚が神戸からやってきた。
東京らしい食べ物が食べたいそうだ。
これって東京人でない私にとっては結構難しいリクエスト。
ネットで一生懸命検索しました。

東京から連想する食べ物は、まず第一にそば。
両国の相撲を見にきたといっていたから、ちゃんこ。でも私はなべものはあんまり好きじゃない。
もんじゃやき、なんかもある。けど、大阪のお好み焼きの方がおいしいでしょ。

いろいろ調べて、やはりおそばの老舗にすることにした。
やぶそばが何か私はよく知らない。
東京にはやぶそば「御三家」というのがあるそうで、「神田の藪」「並木の藪」「池の端藪蕎麦」がそれ。
その中で、店構えに風情のある「かんだやぶそば」に行くことにした。


御茶ノ水駅から3分ほど行くと、高層ビルの立ち並ぶ界隈の片隅に、古い日本家屋のお店があった。
中は大正時代風?らしく、来い茶色の柱に、テーブル席とお座敷がある。
庭側にはレトロな窓があって、庭が見渡せるようになっている。

19:00閉店なので、急いで中に入る。

私は、おかめそば。彼女は、せいろうそばを注文した。
量は少ない。せいろそばは、2枚は軽く食べれるくらいの少なさ。おかめそばもちょっと寂しい。
そばは、なぜか緑色をしている。
そば殻ごと挽くかららしいが、正確なところは忘れてしまった。
二人で、そばずしと五菜盛合わせ(天ぷら)を頼んだが、全部合わせると結構なお値段。

味は確かに良かった。関西のおそばとは全然違う。
東京のおそばの方が絶対に美味しいと思う。
たびたびくるところではないけど、もう一度くらい行ってもいいと思えるお店だった。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。