*All archives*



【新譜情報】スティーブン・ハフ ~ ドビュッシー/ピアノ曲集(追記あり)
来年はドビュッシーの没後100周年というメモリアルイヤーなので、久しぶりにリリースされるスティーブン・ハフの新譜がドビュッシー。
ハフのドビュッシー録音は少なく、覚えているのは「月の光」。調べてみると、スパニッシュアルバムに「グラナダの夕べ」、「とだえた セレナード」、「ヴィーノの門」の3曲(昔試聴したけどCD買わなかった)。他に「レントよりおそく」も録音していたけど、こっちはすっかり忘れていた。

ハフの「月の光」はとっても素敵だったし(アラウと並んで一番好きな演奏)、この新譜にはドビュッシー作品のなかで一番好きな《版画》が入っているので、ほとんどCD買う気になっている。
hyeperionサイトの発売予定日は12月29日。今年はレーゼルのベートーヴェンのピアノソナタ全集も出るし、他にもまだ買いたいCDが出てくるかも。

Debussy: Piano MusicDebussy: Piano Music
2017/12/29(予定)
スティーヴン・ハフ

試聴ファイル(itunestore)
試聴ファイル(hyperion)

《収録曲》
ドビュッシー:
● 版画 L.108
● 映像 第1集 L.105
● 映像 第2集 L.120
● 子供の領分 L.119
● レントよりおそく L.128
● 喜びの島 L.109
ピアノ:Yamaha CFX concert grand
録音時期:2015年6月18,19日&2016年8月30,31日
録音場所:ブランドン・ヒル、セント・ジョージ教会&ワイアストン・エステイト、コンサート・ホール

ジャケット写真が面白い。色彩・デザインとも好きだけど、この絵はどこかで見たような気が。


シャブリエの「アルバムの一葉」とドビュッシーの「レントよりおそく」」(1:30~)のライブ音源。
初めて聴いた「アルバムの一葉」も、あまり聴かない「レントよりおそく」」もどちらも素敵。
Stephen Hough plays Chabrier and Debussy - LIVE



[追記]
itunestoreで試聴ファイルが公開されていたので、早速試聴。
やや線が細めで輪郭が明瞭なわりに、タッチが軽やかなので響きが柔らかくて、煌きのある色彩感豊かな響きがとても心地よい。
ヤマハを弾いているせいか、スタインウェイの煌びやかな響きとは違って、響きが軽やかですっきりしている気がする。
ピアノの音もアーティキュレーションも明晰で、旋律がくっきり浮かび上がる立体感があって、今まで聴いたドビュッシーとは少し違った響きと旋律に聴こえる曲もいろいろ。
やはり一番好きな《版画》が響きもアーティキュレーションもとても私好み。特に「Pagoda」はアルカイックで高貴な雰囲気も漂っていて何とも言えないくらい素敵。
あまり好きではない《映像第2集》は、ファンタスティックな響きと生命力が感じられて、印象がちょっと変わった。特に好きなのは、ミステリアスな「葉ずえを渡る鐘」と、リズミカルで躍動的で変幻自在に姿を変えていく動きを体感しているような「Movement」。
「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」と「雪は踊っている」はペダルの使い方やフレージングとかちょっと面白い。
繰り返し聴いていると、無生物なのに生き物のような息遣いが感じられて、有機的なドビュッシー。アラウのドビュッシーにも原初的な生命力を感じるけど、ハフにはファンタジーの中の妖精たちがリアルな存在に感じられるような生気がある。
試聴しただけでこれだけ魅力的なら、CDで全部聴けばすっかり聴き惚れてしまうに違いない。

tag : ドビュッシー スティーヴン・ハフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちは.

私もこのアルバム,楽しみにしています.この中では子供の領分が好きですね.

絵はパウル・クレーのGolden Fishです.

http://dl.ket.org/webmuseum/wm/paint/auth/klee/golden-fish/klee.golden-fish.jpg

ジャケットにクレーは珍しいような気がします.演奏者か作曲家の国の画家の絵は時々見かけますが.
 
さだ様、こんばんは。

パウル・クレーの絵だったのですね。クレーの絵は好きなので、どうりで見覚えがあったはずです。
教えて下さってありがとうございます。

「子供の領分」は昔ピアノの発表会で弾いたり、レッスンで苦労した思い出があります。
今なら「雪は踊っている」が一番好きな曲ですが、どの曲もハフのピアノで聴けるのが楽しみです。
このCDはハイペリオンのサイトにはまだ出ていないんですね。
ちなみに同じハイペリオンからはオズボーンもほぼ同じ選曲でドビュッシーを出すみたいです。やはりアニバーサリーだからでしょうかね。
 
houghhough様、こんにちは。

ハイペリオンは発売日前月にサンプラーを出すので、そのタイミングで公開されるのではないかと思います。
itunestoreの方が試聴ファイルが30秒長いので、こちらで充分です。

オズボーンのドビュッシーはもう発売されていますね。
タッチが強すぎてメカニカルな感じがしましたし、ハフに比べて幻想性や有機性が薄いので、試聴のみでした。

ドビュッシーの新譜は他にもいろいろ出てくるでしょうね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。