芋きんとんみたいな「葵はるか」
<葵はるか(紅はるか)>
今年の冬は寒いので、絶好の干し芋日和。
毎週、違ったさつまいもを数本買っては、蒸し干ししている。
今年は宮崎県のさつまいもを使うことが多い。品種名が無かったり、単に「甘藷」としか書いていなかったりするけど、実がしっとりして甘いものが多かった。

今まで干したさつまいもは、ホクホク系の鳴門金時、紅あずま、黄金千貫、黄金芋。しっとり系はシルクスイート、甘太くん、安納芋、紅まさり。
どれも干せば甘くなるとはいえ、干し芋に向いているのは、ホクホク系ではなくて、しっとり系のお芋。蒸したお芋の皮を剥ぐ時に違いがわかる。
ホクホク系は皮と一緒に実までポロポロ剥がれてしまうので、歩留率が悪くなる。しっとり系、皮が薄くてペラペラと簡単に手で剥ぎ取れるし、実がポロポロと崩れることがない。
ホクホク系のお芋でも、干せば甘くなるので、作業効率と歩留まりを気にしないのであれば、干し芋にしても美味しい。但し、黄金芋や黄金千貫はあまり甘くなかった。白芋系は焼き芋にして食べた方が、ホクホクで栗っぽい甘みが味わえて美味しい。

今年初めて買った品種は、「葵はるか(紅はるか)」。
近くの産直市場で、宮崎県の「くしまアオイファーム」が育てたさつまいもが数種類販売されているので、最近さつまいもはそこで買うことが多い。
「葵はるか」は、くしまアオイファームが登録商標した「紅はるか」のブランド名。
安納芋を上回るくらい甘くて、干し芋にも向いているようなので、中ぐらいの大きさの「葵はるか」が7本入っている袋を買ってみた。
隣に積まれていた紫芋のパープルスイートロードも買おうかと思ったけど、調べてみたら紫芋自体が甘くない品種だった。
例外的に甘いパープルスイートロードも、普通のお芋ほど甘くはないそうなので、パス。普通に焼き芋を食べたいときに買うことにした。

くしまアオイファームの熟成紅はるか[サツマイモ専門店オイモール ]

「葵はるか」の一番美味しい食べ方は焼き芋ということなので、太目3本は焼き芋にして、残りのやや細めの4本は蒸して干し芋に。
食べるまでに1週間以上かかる丸干し芋は、実が透き通ったような色になるまで、ビタクラフトのお鍋で蒸すこと1時間弱。
皮は薄くてペラ~と簡単に剥がせる。皮を剥いでいるだけで、指がベタベタするくらい蜜が多い。細い端っこは柔らかすぎてナイフで切ると潰れてしまうので、キッチンばさみでカット。

ちょっと味見してみたら、さすがに評判通り、とても甘くて美味しい。しっとり甘くてトロトロ蕩けるような食感は、裏ごしせずとも、まるできんとん。これだけ甘いと砂糖はもシロップも不要。
濃厚な甘さだけど、後味さっぱりも上品な甘さは、「まるで完成された和菓子」というキャッチフレーズ通り。
焼き芋も食べてみたけれど、こちらも皮を剥いでいる時に手がベチャベチャになるくらい蜜が出てくる。どちらかというと、蒸した方がトロトロ感が強くて甘いような気がする。

安納芋よりも甘くてトロトロ食感なので、シロップ不使用の栗きんとんが簡単に作れる。
糖度から言っても、安納芋よりも高くなるので、蜜芋と言われるのも納得。葵はるかは、今まで食べたさつまいものなかでは、一番甘くてしっとりトロトロしていた。

紅はるか(ベニハルカ):サツマイモの品種[旬の食材百科]
「甘太くん」って、大分県産の「紅はるか」のブランドだった(今まで知らなかった)。

葵はるか/あおいはるか(紅はるか)[旬の食材百科]

安納芋、紅はるか、紅こがね、シルクスイートの違いって何?比較しました[お役立ち!季節の耳より情報局]

[2018.1.30 追記]
普通の「紅はるか」も買ってみたら、「葵はるか」とは違って、全然トロトロしないし甘みも足りない。くしまアオイファームでは、熟成させてから出荷しているのかも?
これからは、「紅はるか」を買うときは、「葵はるか」しか買わないことにした。



<丸干し芋>
今冬は丸干し芋に凝っているので、全てスライスせずに丸干しに。丸干しはかりっと硬めの皮と、しっとり柔らかい実の食感と味の違いが好きなので。

干し芋は、水分が抜けるとかなり小さくなるので、美味しいのでうっかりパクパクと食べていると、1本や2本くらい完食してたりする。
中ぐらいのお芋なら重さが1本200gくらいはあるので、糖質量は80g前後と、茶碗1.5杯、食パン(5枚切)2枚分以上。ビタミンCや食物繊維も多いので、白米や白パンよりは栄養があるとはいえ、食べ過ぎには注意しないといけない。
「葵はるか」で丸干し、平干しの両方作ってみたところ、蜜が多いせいか、1週間くらいたってもなかなか干しあがらない。待ちきれずに、セミドライくらいで干すのを止めた。(途中で何度も味見していたので、あまり残っていなかったけど)
セミドライの干し芋は、外側も内側も柔らかくて食べやすい。

自宅で簡単にできる、手作り「干し芋」の作り方[やまむファーム]

干し芋のおやつは太る?干し芋の栄養と注意したい食べ方![薬膳DEシンプルライフ]
干し芋と生のお芋を同じ重量で比較すれば、水分が抜けた干し芋の方が、カロリーが高くなるのは当然。干し芋にすると、ビタミンCとビタミンEが減って、カリウムと食物繊維がかなり増える。
最近は”依存性”のあるパン食は栄養もないのでほとんど止めて、それよりも食物繊維や栄養のあるさつまいもやお豆(ピーナッツ、いかり豆、くるみとか)を食べている。

干し芋【丸干し】VS【平干し】どっちが人気?美味しい?(紅はるか)鶴田商店で味比べ[ランキング・口コミで人気のアレコレ実際に買ってためしてみました]

【あなたのNo.1ほしいもはどれ?(ほしいも銘柄別の味わい)】[ほしいも百科事典]

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。