2018_02
25
(Sun)18:00

ショパン/幻想曲 ~ エゴロフとデュシャーブル 

カッチェンの未公表録音だった《幻想曲》(1967年録音)を聴いてから、今までまともに聴いたことがなかったこの曲が妙に気に入ってしまった。
モーツァルト、シューマン、ショパンの《幻想曲》のなかでは、ショパンが一番好きだと思う。

手持ちのCDをいろいろ聴いてみたら、カッチェンの他に好きなのはエゴロフとデュシャーブル。
カッチェン、エゴロフ、デュシャーブルの演奏は、12分台の速いテンポで、緩徐部の表現が粘りにくく、情感がしつこくなくて私の好みにぴったり合うので。(ツィメルマンやキーシンのショパンは私にはちょっと濃くて重たい)
デュシャーブルはシャープなタッチと明晰な表現でさっぱりと涼しげ、エゴロフは華やかで優美で力強くて繊細さとダイナミズムのバランスがとても良く(3人の中では一番ショパンらしい感じがする)、カッチェンは強弱・静動の落差が大きくてフォルテで盛り上がるときに怒涛のショパンみたいになるので、それぞれピアニズムの違いがはっきり表れていて面白い。


Youri Egorov, Chopin Fantasy in F minor Op.49 for piano、



Chopin / François Duchâble, 1975: Fantasy in F minor, Op. 49 - Complete



↓の音源では、8人のピアニストの聴き比べができる。

Chopin: Fantaisie Op.49 (Kissin, Zimerman, Pollini, Rubinstein, Michelangeli et al)

タグ:ショパン エゴロフ デュシャーブル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment