サン=サーンスで好きな曲 ~ ピアノ協奏曲第2番、練習曲集、ヴァイオリンソナタ第1番

ピアノを使ったサン=サーンス作品のなかで一番ポピュラーなのは、2台のピアノとオケ(または室内楽)による《動物の謝肉祭》。
技巧華やかなピアノを楽しむなら、ピアノ協奏曲。特に有名なのは第2番と第2楽章がオリエンタル風の第5番”エジプト風”。
《ピアノ協奏曲全集》で昔からの定番は、パスカル・ロジェだと思う。それ以降の録音の中では、スピード感と切れ味鋭い技巧で颯爽としたスティーヴン・ハフの演奏(2008年のグロモフォン「ゴールドディスク」に選定された録音)が好評。
第2番は技巧華やかで、楽章ごとに異なる情趣も豊かで、どの楽章を聴いても楽しい。ロマン派のピアノ協奏曲のなかでも特に好きな曲。

Saint-Saëns - Piano Concerto n2 - Pascal Rogé



あまり知られていない技巧的難曲が《6つの練習曲》(Op.52&Op.111)。
数少ない録音のなかで、技巧的に安心して聴けるのはデュシャーブル。
旋律自体はシンプルに聴こえるけど、楽譜を見ながら聴けば、速いテンポで滑らかに弾くのはそう容易ではないのはわかる。(練習したことがないのでどれくらい難しいのかレベルがよくわからない...)
デュシャーブルは、軽やかなタッチで音の輪郭は明瞭で細部まで精密、一点の曇りもないような明晰な演奏。技巧的にまだ余裕があると思ってしまうくらいにスラスラ弾いている(ように聴こえる)。

Camille Saint Saëns - 6 Études, Op. 52 (1877)



《6つの練習曲Op.111》の第6曲は、「第5協奏曲のフィナーレによるトッカータ」。(↓の音源では14:57~)
第3楽章のピアノ独奏曲版、音が多く響きにかなり厚みがあるので、ピアノ1台でも原曲の華やかさとダイナミックさが味わえる。

Camille Saint Saëns - 6 Études, Op. 111



同じくあまり有名ではないと思う《ヴァイオリンソナタ第1番》は技巧華やかで叙情深く、有名なフランクのヴァイオリンソナタよりも好きかも。
ツィンマーマン&パーチェの音源で初めて聴いて好きになったので、録音していないのが残念。

Saint-Saens, Violin Sonata No. 1 Zimmermann - Pace (1/3)



<関連記事>
スティーヴン・ハフ ~ サン=サーンス/ピアノ協奏曲第2番
デュシャーブル ~ サン=サーンス/ピアノ作品集(6つの練習曲Op.52,Op.111、他)
ツィンマーマン&パーチェ ~ サン=サーンス/ヴァイオリンソナタ第1番

タグ:サン=サーンス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

コメント

非公開コメント

◆カレンダー◆

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆ブログ内検索◆

◆最近の記事◆

◆最近のコメント◆

◆カテゴリー◆

◆タグリスト◆

マウスホイールでスクロールします

◆月別アーカイブ◆

MONTHLY

◆記事 Title List◆

全ての記事を表示する

◆リンク (☆:相互リンク)◆

◆FC2カウンター◆

◆プロフィール◆

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

◆お知らせ◆

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。