気ままな生活

♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スコウラス ~ ベルント・アロイス・ツィンマーマン/ピアノ独奏曲全集

2020年はベルント・アロイス・ツィンマーマンの没後50年。すでに1918年が生誕100年のメモリアルイヤーだったけど、新譜はほとんど見かけなかったような気がする。
ツィンマーマンの音楽に少し興味はあったので、探してみたらアンドレアス・スコウラスのピアノ曲全集が出ていた。
CD1枚に1940~1950年代のソロ作品を5曲収録。組曲が多く、無調の《構成》(1956)以外は、調性感もかなり残っているので、現代音楽にしては、とても聴きやすいアルバム。1956年の《構成》を境に、《モノローグ》(1960)、《ペルスペクティーフェン》(1964)は、無調の前衛風になり、作風が一変している。

Zimmermann: Complete Works For Piano Solo by Andreas Skouras Zimmermann: Complete Works For Piano Solo by Andreas Skouras
(2016/1/22)

試聴ファイル


ツィンマーマンの管弦楽曲は全然好きにはなれなかったけど、ピアノ曲は聴きやすい曲が多い。和声は綺麗でそれなりにメロディアスな旋律で、引用らしき旋律も入っていたしていて、面白味はあるし、それほど聴きずらいことはない。

1950年代を境に作風が全く変わり、1960年以降はいかにも無調の前衛風。
ピアノ独奏曲と2台のピアノ曲とは作風がかなり違っていて、(「構成」を除いて)独奏曲の方は調性感もあるし、旋律もかなりメロディアス。2台のピアノ曲の方はかなり前衛的でも、シェーンベルクよりははるかに聴きやすいとは思う。

ピアノ独奏曲を聴いていると、時々、ヒンデミット、バルトーク、ショスタコーヴィチ、ベルクを連想するし、ショスタコーヴィチのピアノ曲が好きな人なら好みに合いそう。

《エクステンポラーレ/Extemporale》(1946)
バロック時代の形式と音の動きと現代風の不安定な調性感が融合。
No. 1. Sarabande
No. 2. Invention:バッハ・インベンション?
No. 3. Siciliano
No. 4. Bolero:ラヴェルのボレロ
No. 5. Finale
”Extemporale”は結構メロディアスでくぐもった叙情感がショスタコーヴィチやブリテンに似ている。

Extemporale: No. 1, Sarabande



《3つの初期のピアノ曲/3 Early Piano Pieces》(1940)
No. 1. Scherzettino
No. 2. Intermezzo
No. 3. Fugato

《カプリッチョ~民謡の主題による即興/Capriccio》(1946)
安定した調性感があり、旋律にも歌謡性があって、響きも色彩感豊かで美しい。いろんなモチーフがコラージュのように移り変わり、即興風でとりとめない。
聴いたことのある旋律がいくつか出てくるので、引用が多いと思う。6:03~右手は”カッコウ”の旋律、左手はちょっとメシアン風?。

Capriccio



《手引書 I/Enchiridion, Part 1》(1949)
”Enchiridion”とは、キリスト教の教本・手引書の意味。
劇伴音楽みたいに、何かの物語の場面を描写しているような気がしてくるようなストーリー性があって、面白い。
これもバロック時代の組曲形式。

I. Introduktion: Andante rappresentativo
II. Ekloge: Larghetto, con esporessione
III. Rondino: Allegro giocoso
IV. Bourrée: Allegro moderato
V. Meditation: Adagio molto
VI. Aria: Andante molto cantabile
VII. Estampida: Allegro
VIII. Toccata: Allegro feroce
Anhang: 3 Stücke aus dem Nachlass: Intermezzo

《手引書 Ⅱ/Enchiridion, Part 2》(1951)
I. Vigil: Larghetto molto
II. Hora: Moderato
III. Ostinato: Presto
IV. Matutin: Cantabile molto
V. Imagination: Sostenuto
Anhang: 3 Stücke aus dem Nachlass: L'après-midi d'un Puck
Anhang: 3 Stücke aus dem Nachlass: Hommage à Johann Strauß

Enchiridion, Pt. 1: I. Introduktion. Andante rappresentativo



《構成/Konfigurationen》(1956)
これはシェーンベルクの12音技法の曲みたいな曲で、聴いて楽しいと思える曲集ではない。(2台のピアノのための”Monologues”(1964)の方が、まだしもメロディアスで色彩感もカラフル)。
全部で8曲あるけれど、どの曲を聴いても似たように聴こえるので、トラックわからずに聴いていたら何番なのかわからなくなる。

Tag : アロイス・ツィンマーマン スコウラス

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

|    ・・ ドイツ(シェーンベルク,ヒンデミット,ハルトマン,アイスラー, 他) | 2019-11-24 18:00 | comments:0 | TOP↑











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT