ユニセフ予算 

2006, 12. 13 (Wed) 21:55

ユニセフ本部の予算のうち、民間資金での日本の寄付金額のシェアを調べてみた。

データは英文報告書にしか載っていない。

12億3,600万米ドル(全体の45%)が非政府/民間部門からの拠出金(つまり寄付金)。
これは、各国の民間集金組織(ユニセフ協会の各国版)からの上納金ということだろう。
「REGULAR RESOURCESE」のトップは日本の8400万ドル。
定期的な収入としては、日本はドル箱だ。

しかし、緊急募金は、アメリカ、フランス、ドイツ、英国、オランダが多くなる。
結果的に、合計額では米国がトップの億1600万ドル。
米国は7割が緊急募金だ。米国民に不人気の国連組織でも緊急時は別ということ。
緊急募金でこれだけ集まるのはすごい。
国内のNGOや赤十字でもかなりの募金が集まっているはず。

日本の場合は、天災時の緊急募金は新聞社経由の募金、郵便局や赤十字に集まっているはず。
それを考えても、日本の募金額はREGULARの募金金額に比べて少ない。
やはり1人当たりの寄付金額が先進国中で低いことが響いているんだろう。

TOP 20 NATIONAL COMMITTEE DONORS (in thousands of US dollars)

             Regular Other resources Other resources) Total
                    (regular)       (emergency)
1 United States   18,870    44,953     153,168    216,992
2 Germany       54,611    24,842      87,369     166,823
3 France        37,644     6,850       74,891     119,385
4 Japan         84,261     4,779       23,722    112,762
5 Netherlands     38,209     8,982       37,472     84,663
6 United Kingdom   7,992    17,612       42,441     68,045
7 Italy          26,088    10,490       23,065     59,642
8 Spain         21,183     8,706       15,649     45,539

(以下省略)


タグ:NGO

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment