福島の新しいお米「天のつぶ」
昨年冬からパン食をほぼ止めて(食べるのは月1回ぐらい)、ご飯を食べるようになったので、お米の消費量がかなり増えている。
強力粉の銘柄に凝るのと同じく、昔からお米はいろんな銘柄をとっかえひっかえ食べてきたので、違った銘柄のお米を食べ比べるのは楽しい。

お米の味が一番美味しいと思ったのは「つや姫」。「あきたこまち」も好きだけど、粘り気が少なくさらっとした食感の「きらら」や「きぬひかり」と「華越前」も何度も買っていた。粘り気の強いお米は好きではないので、「コシヒカリ」は買ったことがない。
最近は農家の親戚が作った地元のお米を送ってくるので、お米を買う機会がすっかり減ってしまった。

新発売で土曜日に試食販売していたのが、福島県産のお米「天のつぶ」。
ベチャベチャせずに、粒々感がしっかり残って、私の好きな食感。
スポット販売なので、いつ入荷するのかわからないという。

天のつぶ[JAグループ]

「つや姫」が冷蔵庫に3kg以上残っているけど、「天のつぶ」がとても気に入ったので、5kg袋を購入。冷蔵庫の空き具合から考えると、2kg袋の方が良かったけど、お店になかったので。
5kgで約1990円。5%割引でさらに200円ポイントがつくので、2kg袋買うよりもお買得だし。

帰ってから調べてみたら、アミロースとタンパク分の含有量は、「ひとめぼれ」とほとんど同じ。「ひとめぼれ」も美味しかったと思うけど、長い間食べていないので、食感や味を忘れてしまった。
コシヒカリとは違うタイプで、ササニシキに近いような感じ。
青森県の「まっしぐら」も、適度な弾力と少ない粘り気で粒がしっかりして、カレーや汁物などの料理との相性が良いらしいので、「ひとめぼれ」よりも「まっしぐら」に似ている気がする。

まっしぐら の特徴[おいしいお米通販人気ランキング]

早速、晩ご飯のために「天のつぶ」を炊いてみた。
真夏にしては、吸水にちょっと時間がかかる気がする。ル・クルーゼ(16cm)を使って、1.25合のお米を体積1.1倍の水加減で、ガスコンロのごはんモードで炊飯。
水加減を体積と同量にして炊いてみても、かなりしっかり吸水させたせいか、食感はそれほど変わらない。

10分ほど蒸らしてから蓋を取ったら、つや姫みたいにピカピカ光って、艶がある。
やや細めの米粒で結構膨らんでいる。同じ水加減だと「つや姫」はベチャっとするのに、「米のつぶ」はあまりベチャつかない。
粒感がしっかりあって、「つや姫」に比べると甘みは少な目。
「きぬひかり」ならもう少しサラっとしているけど、「天のつぶ」は適度な粘りもがあるので、歯応えも良い。

「天のつぶ」の良いところは、お酢を混ぜて寿司飯にしても、サバの味噌煮で混ぜご飯にしても、水分をあまり吸わないのか、粘りけが少なく、粒感がしっかり残って歯応えがある。
おかずなしで、白ごはんだけ食べるなら、「つや姫」の方が味自体は美味しい。
お寿司・カレー・ラタトイユ・混ぜご飯など、汁気のあるものと合わせて食べるなら、「天のつぶ」の方が好き。

「天のつぶ」の特徴は、↓のサイトに書いてある通り。
私が一番良いと思ったのは、「粒立ちがシッカリしているため、たとえ汁物をかけたとしても、口の中でご飯のかたまりがほぐれるようなホロホロ感が残りやすいのです。それでいてお米自体の味もカレーと喧嘩せずに、上手に混ざり合って調和します。」というところ。

お米好きの皆さんへ。福島の新品種「天のつぶ」の美味しさを誰よりも熱く語ります![福島TRIP]

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。