*All archives*



レーゼル ~ シューマン/蝶々、交響的練習曲、ピアノ協奏曲、序奏と協奏的アレグロ、ピアノ五重奏曲
アレクサンダー・クリッヒェルの最新CDを試聴していたら、シューマンの《交響的練習曲》に少し魅かれるものがある。
この曲を録音している手持ちのCDは、カッチェン(1953年)、フィオレンティーノ(1965年)、レーゼル(1977年)の3枚。
カッチェンとフィオレンティーノの録音は古くて音が悪いので(それに「遺作」は未録音)、ロマンティシズムはちょっと薄めだけど、レーゼルが一番音質が良い。

Papillons/Symphonic EtudesPapillons/Symphonic Etudes
(2008/7/8)
Peter Rosel
試聴ファイル


レーゼルが録音したシューマンのピアノ独奏曲は、《蝶々》と《交響的練習曲》のみ。
《蝶々》は、次々と違ったモチーフが現れては消えていくので、気分がコロコロ変わるような不安定感が私にはどうも合わない。

Papillons, Op. 2



《交響的練習曲》は、シューマンのピアノ作品のなかでは、構造的な安定感が強くて、哀感の強い旋律も叙情美しい。
それにレーゼルが弾くと、力強いタッチと精密なメカニックで安定感が増して毅然とした雰囲気があり、シューマン独特の気分が浮き沈むような不安定さがあまり気にならない。特に好きなのは、Etude1とEtude。

Schumann - Peter Rösel (1979) Etudes symphoniques op 13



有名な《ピアノ協奏曲イ短調》に加えて、《序奏とアレグロ・アパッショナート ト長調 Op.92》と《序奏と協奏的アレグロ ニ短調 Op.134》の2曲を録音しているのは珍しい。

Concerto Piano インポートConcerto Piano インポート
(2007/5/8)
Rosel, Leipzig Gewandhaus Orchestra, Masur
試聴ファイル



《ピアノ協奏曲》は、(この曲にしては)線のしっかりした力強さと安定感があって、新緑薫る初夏のように明るく爽やか。今まで聴いたこの曲の録音のなかでは、一番好きな演奏の一つ。

Schumann - Piano concerto - Rösel / Leipzig / Masur



CDでi一度は聴いたはずなのに全然覚えていなかった《序奏と協奏的アレグロ Op. 134》は、最初の方はメンデルスゾーンのピアノ曲にちょっと似た叙情感を感じたけど、オケパートの部分を聴いているとシューマンの交響曲を連想する。
途中で有名な「赤とんぼ」によく似た主題旋律が何回も出てくるので、全然違う曲が突然挿入されたような妙な感覚がする。
《序奏とアレグロ・アパッショナート》の方は、シューマンのピアノ曲らしい叙情感が薄くいせいか、交響曲を聴いている気分。(こっちは特に好きというわけではない)

Concert Allegro and Introduction for Piano and Orchestra in D Minor, Op. 134





室内楽曲では、《ピアノ四重奏曲》と《ピアノ五重奏曲》、《ヴァイオリンソナタ》(第1番&第2番)、《ピアノとオーボエのための3つのロマンス》を録音している。
《ピアノ五重奏曲》は、透明感のある伸びやかな音で、開放的で外へ広がっていくスケール感と明朗快活で心弾むような躍動感がとても爽やか。

シューマン:ピアノ五重奏曲/ピアノ四重奏曲シューマン:ピアノ五重奏曲/ピアノ四重奏曲
(2010/10/6)
レーゼル(ペーター), ケヴァントハウス弦楽四重奏団
試聴ファイル


Piano Quintet in E flat major, Op. 44: I. Allegro brillante


tag : シューマン レーゼル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

yoshimiさん、こんにちは。
「交響練習曲」聴きました。レーゼルにこの曲の録音があったのですね。テンポは中庸で音は輝かしく、インスピレーションに富んでいるように感じました。遺作の5番が好きなので、これは何度も繰り返し聴きたい衝動にかられます。
 
芳野様、こんにちは。

レーゼルのシューマン録音は少ないですね。その中で一番知られているのはピアノ五重奏曲でしょう。
シューマンのピアノ独奏曲では《交響的練習曲》がレーゼルのピアニズムに一番合っているように思います。遺作5番は夢想的な旋律が綺麗ですね。
最近の来日公演では、たしかピアノ五重奏曲、ピアノ・ソナタ、ピアノ協奏曲を弾いていたように記憶しています。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。