気ままな生活

♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フィオレンティーノによるピアノ編曲版

セルジオ・フィオレンティーノのピアノを初めて聴いたのは、フィオレンティーノ自身がピアノ編曲したフォーレ《夢のあとに》
フォーレのピアノ曲は苦手でも、なぜか歌曲は好きなので、濃密なロマンティシズム溢れる《夢のあとに》にすっかり魅せられてしまい、すぐにフィオレンティーのCDコレクターになったのだった。

Fiorentino plays Fauré Après Un Rêve


編曲が得意なフィオレンティーノは、歌曲ではシューマンの《はすの花》・《献呈》のピアノ編曲版も書いている。
フィオレンティーノの《献呈》は、ゆっくりしたテンポで語りかけるようなフレージングが優しく、愛情がにじみ出てくるようなとても素敵な曲。

Sergio Fiorentino plays Schumann "Widmung"



既存のピアノ曲やピアノ編曲版をフィオレンティーノがさらに編曲した曲もいくつか。
若い時から弾いていたバッハ=ブゾーニ編曲《前奏曲とフーガ BWV532》は、ブゾーニ版の和音をさらに重厚にしている。

ライブ音源(↓)の冒頭は《前奏曲とフーガBWV. 532》。
58:00から弾いているのはフィオレンティーノ編曲によるチャイコフスキーのワルツ(Op.40 No.8)。原曲のピアノ曲にたくさん音を加えた軽やかで華やかなワルツ。(このライブ音源は、音質・演奏・選曲全てが良いので、CD化して欲しいくらい)

Sergio Fiorentino in recital (1996.07.08 Newport) Bach/Busoni, Schumann, Gounod, Tchaikovsky



フィオレンティーノのピアノ編曲版のなかで一番長い曲は、バッハの《無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV 1001》
もともと無伴奏曲はほとんど聴かないけど、原曲とは違い、冒頭の”Adagio”では悲痛感と静寂さが薄まり、ピアノの瑞々しい音色と清々しい叙情感が美しい。第2楽章と終楽章のフーガはピアノならではの立体感と躍動感。

Bach - Violin sonata no. 1 in G minor BWV 1001, piano transcription (Sergio Fiorentino) [1/2]


Bach - Violin sonata no. 1 in G minor BWV 1001, piano transcription (Sergio Fiorentino) [2/2]



<関連記事>
フィオレンティーノ 『ドイツ・ライブ録音集(1993年)』
バッハ=フィオレンティーノ編曲/無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番 BWV1001(ピアノ独奏版)
フィオレンティーノ ~ バッハ=ブゾーニ《前奏曲とフーガBWV 532》(フィオレンティーノ編曲)、バッハ/フランス組曲第5番

Tag : フィオレンティーノ フォーレ シューマン バッハ チャイコフスキー

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

|  ♪ セルジオ・フィオレンティーノ | 2019-06-10 18:00 | comments:1 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/06/17 15:47 | |











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT