*All archives*



ベトナム訪問記 24 ハノイ(17) ロンビエン橋
ロンビエン橋。
ハノイ東部にある郊外との連絡道となっている古びた橋である。

20070420023231.jpg

ロンビエン橋の近くは自動車の交通量が多い。が、あたりに信号はない。
露天商のおばさんたちが、路上で果物や野菜を売っていた。

ロンビエン橋はフランスの植民地時代にホン河に架けられた鉄橋で、ハノイで一番古いそうだ。
ベトナム戦争中も多くの物資を運んだ需要な動脈だった。
今は列車と自転車・人だけが通行できる。
車が通ると重みで橋が壊れるかもしれないからだそうだ。
ロンビエン橋の南側にある橋があって、そっちは自動車専用。
空港へ行くにもこの橋を通る。多分タンロン橋だったような。

20070420023353.jpg

ロンビエン橋は自殺の名所だそうだ。
確かに、数十m下に流れているホン河まで真っ逆さま。すぐに死ねるだろう。
川は泥色をしていた。いつも濁っているいるそうだ。
川岸は畑になっていて、農家がいくつか点在している。
黒っぽい水牛が何頭か畑にいた。
ベトナムでは、日本のような乳牛とか肉牛はあまりみかけない。
田んぼを耕す水牛や農道をゆっくりと歩いている水牛を良く見かける。

20070420023437.jpg

橋のたもとはバラックで覆われた家の一群があった。
いわゆるスラムだろう。

ロンビエン橋の歩行者用の狭い道を一列になって歩く。
他にはだれも歩いていない。横の道を自転車が通っていく。
たまにゴトンゴトンと列車が通る。
結構危なそうだが、まあ、落ちることはなさそうだ。

20070420023259.jpg

20070420023319.jpg

20分くらい歩いて橋の中央、ホン側の真上にたどり着く。
見晴らしがすごくいい。
名所旧跡を見るのもいいが、こういう景色はなぜかほっとする。

20070420023336.jpg

20070420023421.jpg

ガイド嬢も実はロンビエン橋は初めて渡ったそうだ。
日本人女性は雑貨やシルクのお店に行く人が普通なので、私とロンビエン橋を渡るなんてコースは考えていなかったんだろう。
ロンビエン橋はどう?と朝聞いたら、絶対に行った方がいい!と言っていた。
彼女も単なるショップガイドになるのは、飽き飽きしていたのかもしれない。

お昼なのでホアスアトレーニングスクールまで車で送ってもらった。
運転手さんには昨日と同じようにチップを渡した。とっても喜んでいた。
彼女はチップを受け取らなかった。
ベトナム人女性は、通訳もそうだが、チップを遠慮する。
失礼なのかもしれないが、今回のベトナム滞在のガイドや通訳の人はとっても優秀だった。
チップは感謝の気持ちのようなもの。
欧米のホテルとかで渡すチップは義務だが(忘れたら大変)、ベトナムはまだチップ文化ではない。
しかし、大都市は欧米人がその習慣を持ち込んでしまったが。
でも、欧米で渡した時のチップよりも、ベトナムで渡したチップはずっと感謝の気持ちがこもっている。

tag : ベトナム訪問記

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。