気ままな生活

♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

焼くと美味しい「絹かわなす」

茄子のなかでもとりわけ大きいのが「絹かわなす」。昨年夏あたりから見かけるようになったけど、愛媛県の西条地区の特産品。
米なすよりもさらに大きく、価格も1個200円~300円と、米茄子より100円玉1個分高い。
「りんこのようなほんのりとした甘さ」とか書いていた店頭のpopに魅かれて1個試しに買ってみた。

絹かわなす[えひめの食]
愛媛県西条市 Present's 絹かわなす[フードアルチザンのおすすめ]


米なす、水なすと比べると、果肉の柔らかさ(ジューシー)は、水なす>絹かわなす>米なす。
生食するサラダに向いているのは、ジューシーで果肉がホロホロ崩れやすくて手で簡単に裂ける水ナス。
お漬物すると、水ナスが一番柔らかく、絹かわなすは柔らかくて弾力がある。(米なすを漬物にしたことはないけど、たぶん向いていないと思う)

焼いた時のトロトロ度は、絹かわなす=米なす>水なす。
絹かわなすも米なすも、輪切りにして焼くとトロトロ。皮の薄い絹かわなすの方が食感が良い。
水なすは果肉が崩れにくくて、歯ごたえが残って、こちらも美味しい。

果肉の甘さは、水なす≒>絹かわなす>米なす。
絹かわなすは、ほんのりりんご風味を感じるけど、期待したほどではなかった。「りんご」みたいな甘さは、ジューシーな水なすの方が強い感じがする。(個体差はあると思う)

.3種類食べ比べてみた結果、水なすはサラダと塩麹漬け、絹かわなすと米なすが輪切りの焼きナスにして食べるのが、私には一番美味しかった。絹かわなすは皮も薄くて柔らかいので食感が良い。
焼いたトロナス(青なすや白なす)は、さらにトロトロ。でも、皮の部分だけは硬くて食感が悪い。

普通の茄子とは一味違う?名水で育った「西条絹かわ茄子」レシピ6つ[野菜ソムリエ Hiro のベジフルポケット]

Tag :

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

|  ・ お料理全般・食材 | 2019-08-22 18:00 | comments:2 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/08/23 20:51 | |

お返事です

夏は茄子が安いので、たくさん食べらるのがいいですね。
普通の茄子なら、コンロで丸ごと焼きナスにするのが好きなのですが、サラダは水なす、ステーキなら米なすです。

絹かわなすは、なぜかイオンに大量入荷してます。近隣にある他のチェーン店では見かけたことがありません。
たぶんイオンの「フードアルチザン」サイトで絹かわなすを紹介しているからだと思います。

あまり汗をかかない体質なので、塩分補給については全然気にしていません。
塩麹のお漬物は年中食べてますから、夏の塩分補給に気を使って料理をすることはないですね。
普段使う塩に醤油、お味噌などから充分塩分を摂っていると思うので、夏でも塩分の摂りすぎを気にしてます。
でも、ミネラルが不足するせいか、たまに足がつるので、マグネシウム含有量の多いにがり入りの塩を使ってます。
フランスパンなどを焼く時に使う液体のにがりも、足がつった時にすぐに水に数滴落として飲んでます。わりと即効性があるようです。

| yoshimi | 2019/08/23 21:07 | URL | ≫ EDIT











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT