気ままな生活

♪音楽と書物に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワグシャル ~ フローラン・シュミット/ピアノ作品集

来年が生誕150年のメモリアルイヤーにあたるフローラン・シュミット。ピアノ作品は全然有名ではないけど、作品数は結構多い。
初期のロマンティックなドビュッシーみたいな曲が多く、現代風なのは《Crepuscules(薄暮) Op. 56》、《Ombres(影) Op. 64》、《Mirages(蜃気楼) Op. 70》。

Crepuscules, Op. 56: IV. Solitude


Ombres, Op. 64: I. J'entends dans le lointain


《Mirages》の第1曲はクロード・ドビュッシーへの追憶(”A la memoire de Claude Debussy")として書かれた”Et Pan, au fond des bles lunaires, s'accouda”(そして牧神は月光を浴びた麦畑のなかに横たわる)
Mirages, Op. 70: No. 1. Et Pan, au fond des bles lunaires, s'accouda



シュミットのピアノ曲全集録音は見当たらず、ピアノ曲集も少ない。そのなかで↑の3曲を収録したローラン・ワグシャルの『フローラン・シュミット/ピアノ作品集』(Timpani)が一番感触が良くて、切れ味良いタッチにソノリティも美しく表情豊かでファンタジック。

フローラン・シュミット:ピアノ作品集(FLORENT SCHMITT:Oeuvres pour piano)フローラン・シュミット:ピアノ作品集(FLORENT SCHMITT:Oeuvres pour piano)
(2014/2/5)
ローラン・ワグシャル

試聴ファイル




Tag : シュミット ワグシャル

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

|    ・・ フランス(メシアン, プーランク, 他) | 2019-12-03 18:00 | comments:0 | TOP↑











非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT