*All archives*



【新譜情報】スティーヴン・ハフ ~ベートーヴェン/ピアノ協奏曲全集
ブラームスに続いて4月にリリース予定のスティーヴン・ハフの新譜は『ベートーヴェンのピアノ協奏曲全集』。
ハフのベートーヴェンなら、《月光ソナタ》と《ピアノ・ソナタ第32番》の2曲はCDで、NYフィルとの《皇帝》(第1楽章のテンポが遅かった)はYoutubeのライブ映像(今は削除されている)で聴いたけれど、どちらも特に好きと思えなかったので、私とは相性が良いとは言えない。

伴奏はハンヌ・リントゥ&フィンランド放送交響楽団。hayperionの協奏曲録音で伴奏する指揮者とオケは、私がほとんど聴いたことがない顔ぶれが多い。(指揮者とオケに拘りはないので全然構わないけど)
試聴ファイルを聴いた限りでは、音の輪郭が丸みを帯び、柔らかくてまろやかで澄んだ音色がとても綺麗。ピアノはスタインウェイではなくて、ハフが最近の録音でよく弾いているヤマハCFX?
音色がまろやかで、フォルテでも強打しすぎず力感がそれほど強くないので、ベートーヴェンにしては優美でしとやか。貴婦人みたいな落ち着いた品の良さを感じる。
たぶん私の持っている全集録音のどれとも違うタイプのベートーヴェンのような気がする。ピアノ・ソナタと違って、思いのほか好きになれるかも。

ソロと違ってコンチェルトは試聴ファイルだけ聴いてももう一つわからないところがあるし、PCの外付けスピーカーはもともと音がまろやかに聴こえるので、CDで聴くと印象が変わる可能性もある。
好きなピアニストのベートーヴェンのピアノ協奏曲全集は全てCDで持っているし、ハフの録音もCDで聴きたいので予約するつもり。

Beethoven:The Piano ConcertosBeethoven:The Piano Concertos
(2020/4/15)
Stephen Hough (piano), Finnish Radio Symphony Orchestra, Hannu Lintu (conductor)

試聴ファイル



ハフの珍しいライブ映像は、インドのムンバイ公演で弾いている《皇帝》の第3楽章。伴奏は、エフゲニー・ブシュコフ指揮インド交響楽団。これは、National Centre for the Performing Arts (NCPA)の公式動画で、ムンバイのJamshed Bhabha Theatreでの演奏会。
ほぼインテンポで弾くことが多い(と思う)ハフにしては、リタルダンドでテンポを大きく落としたり、(ライブのせいか)ミスタッチが多い気はする。試聴ファイルと同じく、やはりハフのベートーヴェンは「皇帝」というよりは「女王」のような優美さと気品を感じるので、こういうベートーヴェンもかなり好き。

Ludwig van Beethoven – Emperor Concerto (Third movement) – Symphony Orchestra of India

tag : ベートーヴェンスティーヴン・ハフ

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。