*All archives*



ベトナム訪問記 10 ハノイ(5) 旧市街とドンスアン市場
旧市街大教会から旧市街へと向かう。
途中のみちは横断歩道もなく、狭くて、バイクがいろんな方向から走ってくる。
幸いガイドさんがうまく誘導してくれたので、交通事故にあうこともなかった。
ベトナムで車道を渡るコツは、とにかく、一定のペースでそのまま歩き続けることだという。
急に止まっても、走ってもいけない。
その教えに従ったので、ベトナムでは一人であちこち歩き回っても、歩道を渡るのが大分上手くなった。
結構、順応力が高いのかも?








旧市街旧市街はよく調べていなかったので、外国人が住んでいたフランス風建築の街かと誤解していた。
実は、古いフランス風ベトナム家屋と商店の町。
卸問屋と巨大なドンスアン市場がある。
卸問屋は、絹、食品などの商店が通りごとに集まっている。
観光客向けではなく、地元向けの商品。

競争が激しいでしょ、とガイドさんに聞くと、競争は激しいけど、同じお店が集まっているので、お客もたくさん寄ってくる。
お客の好みや条件もいろいろなので、それぞれの店が成り立っているんだそうだ。
船場の問屋街や新大阪のセンイシティみたいなものだと思えば、よくわかる。





20070312042541.jpg
旧市街は独特のにおいがある。もちろんかぐわしい香りではない。
生活臭、ゴミ、泥水、いろんなにおいが混じっている。
商店はかなり古くて建物も傷んでいる。
フランス風のきれいな色彩の建物が多いが、なにせ汚れていて修理もされていない。
ボロい建物だらけ。
でも地価はとても高いらしい。それで地主か家主かが大儲けしているそうだ。
ベトナムは社会主義国だけど、土地・建物は私有できるからだろか。

30分前後歩いたが、ガイドさんはこの町全部はよく知らないといっていた。
巨大なエリアなので、ほどほどにして、ドンスアン市場へ。



市場ドンスアン市場は、日本の公設市場を巨大にしたようなもの。
日用品がどさっと山積みになっている。これは観光客向けの代物ではない。
確かに安いが、地元の人が使うためのもの。
日本人がよく言う安物ばかりを売っている。
例えるなら、日本の衰退した公設市場の雰囲気を想像してみれば良い。
売れなさそうな安いシャツやタオル。古びた商店。山積みになった商品。1山いくらのセール品。
違う点は1つ。
ドンスアン市場は、買い物客がいっぱいいて、とても繁盛しているところだ。
ここもかなりの臭いがする。空調も利いていなさそう。
汗とトイレの臭いと、その他いろいろな臭いが混じっていて、ちょっと息苦しい。


ここは早々に退散して、次はホアンキエム湖へ向かった。

tag : ベトナム訪問記

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。