ベトナム訪問記 8 ドンホー村 

2006, 12. 04 (Mon) 02:00

バッチャン村から版画のドンホー村へ向かった。
バッチャンがメジャーすぎるので、似たような工芸品の他の村を見たかったので。
でも美術品自体には興味がないので、買うつもりはない。

ガイドに案内されたのは、ドンホー村でも立派なお屋敷。
ベトナムでも有名なグエン・ダン・チェーという版画家らしい。
ドンホー村

息子さんが応対してくれたが、私が美術品購入に興味があると誤解しているようだ。
とにかく説明を聞いて、版画製作現場を見学。
きれいな四季をモチーフにした版画の原版がかけてある。
4枚(四季なので)セットで万円くらいするそうだ。
観光客向けなら分割した方が売れるのにと思うが、これは美術品。そういうわけにはいかない。

いろいろと勧められたが、手持ちのドルがほとんどなかったし、カードも使えない。
というわけで、700円くらいの版画を1枚だけ購入。
オレンジの背景に、巨大な鶏が描いてある。結構ユーモラスだ。
結構面白い図柄なので、和室に飾っておくのに良さそうだった。

その版画は、今、隣の和室に飾ってある。
その横には、JVCのアジアカレンダーが飾っている。

版画家の家の周辺は普通の民家。
9月だというのに、陽射しが真夏のようにまぶしい。
ベトナムは今は秋だが、日本の真夏と思った方が良い。
周辺はレンガ壁の家がずっと並んでいる。
初めて来た村なのに、なぜか懐かしい感じがする。

ドンホー村

ドンホー村

タグ:ベトナム訪問記

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment