気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Entries

オオワシの動画

秋はオオワシがロシアの繁殖地から北海道に越冬のため渡ってくる時期。Kota_hawk migrationさんのツイートを追ってみると、10月初旬に宗谷岬にオオワシが飛来し始め、11月2日に飛来したオオワシは約1600羽(この日がピーク)。


知床・羅臼町のオオワシ。映像に出てくる鳥たちは、タンチョウ(Red-crowned Crane)、オオセグロカモメ(Slaty-backed Gull)、ハシブトガラス(Jungle Crow/映像ではJapanese crow)、オジロワシ(White-tailed eagle)。
Steller's Sea Eagle


Shall we dance? -知床・羅臼のオオワシ、オジロワシ、白鳥たちの共存-


知床羅臼のオオワシの大群onthe流氷2013



オホーツク海沿岸で営巣・子育て中(2011年)。巣にいるのは幼鳥2羽と親1羽。
Steller's Sea Eagle at the nest with two chicks


マガダン(オホーツク海に面する海港都市)の巣で抱卵中。
Magadan Steller’s Sea Eagle Nest. Stellera ērgļu pāris Magadānā. 24.04.2022



デンマークで産卵したオオワシ。
説明を読むと、8年前に初めてデンマークのイーグル保護区にやって来たカムチャッカ生まれのオオワシ。北ユトランド上空を自由に飛べるように訓練され、しばしば高度1000メートル付近まで上昇する。昨年(2013年)から巣作りに興味を示し始め、2014年に産卵した。
推測するに、おそらくカムチャッカから2羽(かそれ以上)の幼鳥をデンマークのイーグル保護区に輸送後、ハッキング法により飼育・放鳥され、保護区内で(人工的に作った巣で)産卵したと思われる。人工巣で産卵している理由は、幼鳥は繁殖時に育った地域に戻ってくる習性があることと、ワシが自由に空を飛べる開放型の巣なので”飼育”したのではなく、”餌付け”したのかもしれない。
stellers seaeagle nest 2014 HD



なぜかはるばる北米に渡ったオオワシ。
目撃された場所は、2020年8月アラスカ(フェアバンクス周辺)、南下して2021年3月テキサス、東方へ向かい2021年12月マサチューセッツ州トーントン、2022年4月メイン州ジョージタウン。
町にはこの珍しいオオワシを撮影しようと、映画スターに群がる”パパラッチ”みたいに多くの人が集まっている。
Historic Steller's Sea Eagle has been in Maine for three months


”Vagrant”(迷い鳥)のオオワシの渡りルートは、シベリア-ベーリング海峡周辺-アラスカ、または、カムチャッカ半島-アリューシャン列島-アラスカだろうか?
Rare bird, normally found in Russia spotted in Maine



日本で北海道から南下したオオワシが奥日光、滋賀県北部、無人島「辰ノ島」で目撃されている。
20210102滋賀湖北に飛来しているオオワシの若が見れた


2022/1 奥日光のオオワシ


本物の水平線、野生のオオワシに出会える近所の無人島「辰ノ島」へ。[popeye]

ロシアへ渡らずに北海道に居残り中のオオワシ。
オオワシ居残り2023[サロベツ・エコ・ネットワーク]


<関連情報>
2.海ワシ類の渡り期・越冬期における生息状況[環境省]
4.鳥類:特にオオワシ・オジロワシ調査の成果と今後の動態予測 4-1) 鳥類:特にオオワシ・オジロワシ調査の成果と今後の動態[中川元(斜里町立知床博物館)]
知床半島におけるオオワシの渡りと気象状況(植田睦之'・福田佳弘2・松本経3・中川元、StrixvoL22,pp、71-80,2004)[日本野鳥の会]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー