*All archives*



テスコムのフードプロセッサー
一昨日到着したテスコムのフードプロセッサーTK-40M。
プラスチックとは違うメタリックボディの質感がとてもいい。

フードプロセッサー


今日は豆腐のチョコババロアを作ってみた。
豆腐と蜂蜜をフープロで混ぜる。
あっという間にクリーム状になってしまった。
泡だて器だと、こんなになめらかなクリーム状にできない。
やっぱりフープロはすごい。

調子に乗って、その中にココア・砂糖・牛乳・ゼラチンを混ぜた液を3回に分けて入れた。
3回目の液を入れて、フープロをガーっと回していると、底から液が漏れているではないか!
あわててフープロを止めて、テーブルに流れている液をおふきんで拭き取った。
1/3くらいは漏れてしまったかもしれない。せっかく作ったのに残念。

あとで説明書をもう一度良く見てみると、最大容量線というのがあった。
私の入れた量の半分くらい。
この線より多くても、固体だったら漏れないだろう。
フープロが動かなくなるかもしれないが。
液体でも、間欠プッシュだと大丈夫かもしれない。
液体を連続プッシュしたので、とうとうガラスボールをはめ込んだところから漏れたようだ。
なにせ初めてフープロを使うので、そういうところの使い勝手がよくわからない。
何度かいろんな材料を使って試してみると、だんだんわかるだろう。

説明書には、電源を入れたままふたをあけて材料をさわるな、と書いてある。
いちいちコンセントを切って、材料を入れたり出したりできないだろうが。
とにかく電源を入れたままフタを開ける時は、絶対にガラス容器の中に手は入れずに、ヘラしか使わないようにしよう。
このみじん切りカッターは、見るからに指をスパッと切ってくれそうなので、とってもコワイ。
先端恐怖症気味なので、包丁をみてもゾクっとしてしまう。
言われなくても、なるべくこのカッターに素手では近づきたくない。

お菓子を作る時間より、漏れた液を拭いたり、フープロを洗ったりする方が時間がかかってしまった。
ババロア液でフープロがかなり汚れてしまったので、買ったばかりというせいもあるが濡れ布巾と乾燥布巾でしっかり拭き取った。
フープロの中まで液が漏れていなかったらいいけど...。
ガラス容器も洗剤できれいに洗って、布巾で拭く。
プラスチック製の軽い容器の方がいいという人もいるけど、私はガラス製が大好き。
きれいな透明感、汚れの落ちやすさ、キズのつきにくさ、適度な重さが好きなので、パイレックスを愛用している。
あのみじん切りカッターは、手では絶対さわらずに、水で流して布巾で拭き取って、ガラス容器に中に入れておいた。
水切りカゴの中に置こうものなら、うっかり手を切り兼ねない。コワイ。

ハンドミキサーの方が手軽かもしれないが、使ったことがないので、飛び散るのはないかとちょっと不安。
このフープロはソフマップのオンラインで買ったが、メタルボディで3770円と超買得品!
ただし、ジュースが作れないと説明書には書いてあったので、ちょっとショック。
ミルクセーキを作りたかったのに。
ミキシングできれば、ジュースも作れるだろうと思ったのだが。
水分が漏れ出すからだろうか?
すりおろしりんごジュースなら大丈夫だろう。
今度試してみよう。


Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。