気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Entries

リスト/伝説~第2曲「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」

リストの《伝説》第2曲「波の上を渡るパオラの聖フランチェスコ」の録音のなかで今私が好きなのは5種類。

昔から私がよく聴いていたのは、ケンプのモノラル録音(1950年)。
ブレンデルが著書で「ケンプの弾く2曲の聖フランチェスコ伝説は、美しく高貴な音楽を聴いているという印象だけにとどまらず、どこか聖なる情景に立ち会っているような気持ちにさせられました。「静粛」さに浸っているとは信仰ぶっているのではなく、純粋な感情から行き出てくる尊いなにかを感じました。」と書いていた。
音質悪くてミスタッチもときどきあるけど、鋭い音とテンションの高さで波で岩が砕け散るような荒々しさがあり、エンディングの穏やかさと晴れやかさが引き立っている。80歳目前で録音したステレオ録音の方は、テンポ遅くて起伏緩やかで穏やかすぎて昔とは別人みたいな演奏。
Liszt: Légendes, S. 175 - 2. St François de Paule: Marchant sur les flots


チッコリーニ(1971年録音)はゆったりしたテンポと力強いタッチで響きが量感豊か。重厚感とスケール感があり、フレージングが滑らかで優美さも感じられるところが好きな演奏。ペダルを入れた時の重層的な響きは(音の分離が悪いせいか)岩の塊みたいに聴こえて迫力あり。
2 Légendes, S. 175: No. 2, Saint François de Paule marchant sur les flots



デュシャーブルの録音は2種類あり、1984年Erato盤1998年EMI盤。両方ともテンポが速いけど、EMI盤は7分30秒足らずとErato盤(8分15秒)よりもさらに45秒くらい速くて、中盤のクライマックスがちょっと慌ただしい。それに音の分離があまりよくなく、残響が重なると雑然と聴こえる。(98年にしては音質はあまり良くないと思う)
Erato盤は音の分離が良く輪郭明瞭で音質良好。こちらも速いけどせわしない感じはしない程度の速さ。ペダリングが上手く、残響が長すぎず厚すぎず混濁感がなく、全体的にメリハリついて、速いテンポで引き締まった感じ。4分あたりのユニゾンのスケールが疾風みたい。
2 Légendes, S. 175: St François de Paule marchant sur les flots



ジョルジーニの最新録音(2022年)。チッコリーニの録音と同じくらい残響が多いわりに混濁感がなく、空間が響きで満たされているような感覚。艶と煌めきのあるソノリティが華やかで、冒頭から期待と予感に満ちた明るい雰囲気。
2 Légendes, S.175: No. 2, St François de Paule: marchant sur les flots



ブレンデルの1981年録音。色彩感豊かなソノリティと滑らかなフレージングが優美。声部ごとに色彩感が違うので立体感がとても豊か。音響的にはこれが一番好きかもしれない。中盤のクライマックスは他の録音に比べて、少しテンポや音量を抑え気味で、一歩一歩着実に踏みしているようなタッチ。
Liszt: Legende S.175 No. 2 St. Francis de Paule Walking on the Water


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー