*All archives*



「ジュワッと!100スキCOOKING」
楽天BOOKSで注文した100円スキレット(略して「100スキ」というのが流行らしい)のクッキングブック「ジュワッと!100スキCOOKING」がやっと届いた。

ジュワッと!100スキCOOKING―100円ショップの小さな鉄のフライパン ジュワッと!100スキCOOKING―100円ショップの小さな鉄のフライパン
(2006/12)
主婦と生活社
この商品の詳細を見る

お値段は680円と安い。その上楽天BOOKSなら送料無料。その分発送が遅かったんだろうか。
amazonはやはり早い。自前の物流センターを千葉・市川に持っているからだろう。
物流センターのアルバイト体験日記「潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影―躍進するIT企業・階層化する労働現場」が出版されている。
立ち読みしただけだったが、注文された本をいかに早く見つけて揃えるかで、時給が決まる。
amazonの発送の速さは、そういう集本マシーンとして使われているアルバイトの人々のおかげ。


この100スキクッキングブック。
680円なので、レシピ数はそう多くはない。
が、焼く、煮る、蒸す、炊く、燻す、お菓子とバリエーションは豊富。
100スキの料理をそのままフライパンごと撮影している写真が多い。
この写真が実物大くらいに大きくて、色鮮やか。
ブラックボディに赤、黄、緑などの料理の彩りが美しい。
この写真を見るだけでも、作ってみたくなる。

このレシピの面白い点は、100スキを2つ使っているところ。
1つはフライパンとして、もう一つはフライパンにかぶせて、蓋代わりに使っている。
この蓋がかなりの威力を発揮する。
焼きものでは、まるでミニオーブン。
円形油きりみたいな網をフライパンの上に置いて、お水を沸かせば、ちっちゃな蒸し器。
お菓子もフレンチトースト、パンケーキ、チーズケーキ、プリン、りんごタルト、クレープと結構いろいろできる。
チーズケーキはケーキ型代わりに100スキを使ってオーブンで焼く。

表紙はスペインオムレツ。この写真もとっても美味しそう。
カバーの折り返しにレシピが載っているのを発見。
危うく見落とすところだった。

こんなに見ていてとっても楽しいクッキングブックは久しぶり。
100スキはわずか直径15cmのミニフライパン。
この小さなボディで、工夫次第でとっても美味しい料理ができる。

早速ダイソーで100スキを探したいが、近所にダイソーはない。
ネットで調べると、どうもTVで紹介されたので、人気が出て品薄状態らしい。
日本人はすぐに冷める性分だから、そのうち在庫がたまってくるとは思うが。
100スキだと、今は210円で売っているらしいから、2つ買えば420円。
南部鉄器のフライパンなら、岩鋳の14cmフライパンを2つ買えば2800円+送料。
小笠原陸兆の14.5cmのふた付ミニパン(大)を1セット買うと2520円+送料。
これはちゃんとフタが付いていて、おたまじゃくしのようなデザインが可愛い。
でも、この前17cmフライパンを買ったので、似たようなサイズを3000円くらい出して買うのは無駄なような気がする。
まず大きなダイソーのショップで探して、無ければふた付きフライパンを買ってみよう。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。