気ままな生活

               ♪音楽と本に囲まれて暮らす日々の覚え書♪  

Entries

ハクトウワシの動画(6) 巣作り

円錐形の干し草の束を巣に持ち帰った雄ワシGuardian(9歳)。レイアウトに悩んでイーグレットを踏んずけたり、”fort”(要塞)みたいにイーグレットの上に干し草をかぶせたり。戻って来た雌ワシLiberty(24歳) がイーグレットの上に載っている干し草の束を見て、巣の周りへ移動し、”You kids have the best Dad, even if he is the goofiest!”。Libertyのセリフが笑える。(goofy=おばかな、とんまな)
Redding Eagles - Guardian Throws a Theme Party (Humor)

※throw a theme party:特定のテーマの仮装パーティーを開く、tiki hut:藁葺き屋根の小屋

Kisatchie National Forest E-3の親ワシAlexとAndriaが、うっかり枝を落としてた方向を一緒に見て”Ooopsie!!”(しまった)。さらに、Alexはイーグレットの上に何度も枝を置くので、イーグレットは迷惑そう。
Stick Oopsies with Alex and Andria!



HD(雄)とHM(雌)は太い木の枝をあちこち移動させ続けた挙句に、(1:15~)枝を咥えていたHDをHMが嘴で突こうとして、HDがポロっと枝を巣の外に落としてしまった。枝の落ちた方向を首を伸ばしてじっと見ている2羽。その後でHMがHDを嘴で突いたのは、ままるで"Now look what you did!"と言っているみたい。ヘマをした相棒を責めているのが可笑しい。
"Now look what you did!" Decorah Eagles. Explore.org 14 January 2023



雌ワシRoseの持ち帰った枝を引っ張り合って巣から落としてしまった雄ワシRon。落下した枝の行方を見て、「あなたのせいよ!」と嘴でRonを責めるRoseの姿が笑える。Roseに踏んづけられそうになって、イーグレットはおちおち寝ることもできない。
MIAMI-DADE EAGLES ~ MR. INNOCENT STRIKES AGAIN! 😂😂🤣 RON DRIVES ROSE CRAZY! 🦅😜 2/2/24



Three Bridges eagles の人工巣。繁殖ペアは2015年から送電鉄塔の上に巣を作り、12羽のイーグレットを巣立ちさせた。
2020年に鉄塔がモノポール(部材が1本の鋼管柱から成る鉄塔。都市部や住宅地に多い環境調和型鉄塔)に置き換えられるのに伴い、PSEG(Public Service Enterprise Group)はConserve Wildlife Foundation、ニュージャージー州及び米国魚類野生生物局と協力し、新しいモノポール上に置くプラットフォーム(土台)を設計し、元の巣をプラットフォーム上に移設後、プラットフォームごと巣をモノポール上に設置。繁殖ペアは2020年2月以降は新しいプラットフォーム上の巣(↓)を使用。
Three Bridges eagles NJ 05 14 21 1100am 10pm This pair has two eaglets about 6 weeks old

※その後、カメラの視界を良くするために止まり木を画面手前から奥へ移動させて木材に置き換え、さらに2番目の木製止まり木も追加。


2011年にJohn Bunker Sands Wetland(ジョンバンカーサンズ湿地)で高圧線に近い送電塔上にハクトウワシが巣を作った。2014年7月にJohn Bunker Sands Wetland CenterはONCOR、Mica Steel Works(旧Falcon Steel)、Chapan Groupと協力して200ポンドの巣を安全な場所に移設。巣が載っていた腕金(鉄塔から横に突き出たアーム)は、400m離れた場所にFalcon Steel社が建設・寄贈した新しい高層タワー(電線は一切通っていない)に再取り付けされた。移設された巣でも雛の姿が確認されている。2020年にタワーカメラを設置。(the wetland eagle story
Meet the Eagles - John Bunker Sands Wetland Center Nest of Mom & Dad



Ron MagillとRon Magill Conservation Endowmentは、Lloyd Brownと Wildlife Rescue of Dade County(WRODC)と協力し、嵐で破壊されたDade County Eaglesの巣の場所に近い木に安定した巣のプラットフォームを設置。同時に数千ドルを投じて高解像度カメラシステムを導入。巣の構成材として他のワシの巣でも成功している直径5フィートの木製パパサンチェアー(大きなボウル状の椅子)を土台にし、通気と排水のためにプラスチック製のメッシュで裏打ちしたもの。小さな棒と乾燥した草を加えて、元の巣よりもずっと安定した10フィート下方に、幹と数本の頑丈な枝の間に2x4材で固定されている。雌ワシRonと雌ワシRitaが新しい巣をよく調べて気に入ったらしく巣作りを始めた。(Ritaは翌年に事故で片翼を失い、飛行不可能のため保護施設で終生飼育)
Dade County Eagles Fl 11 02 21 Rita & Ron adding new sticks to their man made nest


2022-23年の繁殖シーズンでは雌ワシRonと新しい雌ワシRoseがイーグレット2羽(R4とR5)を巣立ちさせた。
74日齢で巣立ち目前のイーグレットR5が巣から転落。WRDCに救助され検査後に当日夕刻無傷で巣に戻された。巣の土台に使われているメッシュ状のプラスチックワイヤーの網目にタロンが引っ掛かり、姿勢を立て直すことができずに転落しているように見える。メッシュが細くて目が小さいので、枝で囲まれた普通のワシの巣よりも、タロンが網目に引っ掛かって抜けにくい。
5/17/2023~WRODC~R5 Fell Out Of The Nest.. Nest Cam & Overhead Views.


再びイーグレットR5が巣から転落。今回もワイヤーの網目にタロンが引っ掛かった。R4とRoseがR5が転落した方向を見下ろしている。地面に着地したR5は最初にやって来たクジャクの群れ(a muster of peacocks)に追われて逃げ回っている。次に救助に来たWRODCのスタッフがR5を捕まえて病院で診察後、巣に戻した。すっかり成長したイーグレットが2度も転落するのは珍しい。
Dade County Nest - R5 Slips Off the Nest and is Rescued - 5/29/23


またまたR5が巣から転落。これで3度目。今度は枝から転落して、そのまま巣立ち。R5が飛んでいる方向を見ていたR4(5/29に巣立ち)がR5の後を追って飛び立った。R5は周辺をあちこち飛び回っているのが目撃されており、63時間後に自力で巣に帰還。
6/4/2023~WRODC~ R 5 Accidently Fledged. R4 Flies After R5.Top Cam View.



昨シーズンに崩壊した Dulles Greenway Eagleの巣が再建された(Loudoun Wildlife Conservancyが実施し、Window To Wildlifeが施工)。繁殖シーズンになって雄ワシMartinに続いて、雌ワシRosaが巣にやって来た。彼らが作った覚えのない見慣れない巣を見て、とても不思議そうな様子で巣をあちこちチェック。
Rosa Checks Out the New Nest!


(↑の続き)再建された巣が気に入ったらしいRosaとMartin。毎日枝をたくさん持ち込んでせっせと巣づくり。大きな枝をなかなか上手く配置できずちょっとした論争になり、Rosaが胸につかえている太い枝を足でキック(2:38)。
Speak Softly and Carry a Big Stick


狭い土台に毎日枝をたくさん付け加えて巣を拡張。彼らが持ち込む木の枝はかなり長いものが多い。BGMが明るくて素敵。巣を囲む森が紅葉する景色が美しく、枝に仲良く2羽並んで止まっている姿が和やか。
"Fall" in Love with Rosa and Martin


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

タグリスト

マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

プロフィール

Author:Yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、ミンナール、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;アリステア・マクリーン、エドモンド・ハミルトン、太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ

ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。

右サイドメニュー