*All archives*



南部鋳鉄のフライパンがやって来た!
お正月前に注文していた南部鋳鉄でできたフライパンがやっと届いた。
こだわりやさん.comという鉄製のフライパンを中心にネット販売しているサイトで買った。
実は、楽天のショップの方が送料も含めて300円以上安かった。
でも、こだわりやさん.comの鋳鉄製品の情報でいろいろ勉強したし、ここの鉄製調理器具への思い入れが気に入って、買ってしまった。

岩鋳フライパン トレー付き


メーカーは岩鋳さん。
他の鋳鉄料理用具メーカーよりもラインナップがかなり多い。
それにお値段がお手ごろ。
南部鋳鉄の料理用具には、デザイナー物や有名職人物など結構な値段で売られているものがある。
フライパンに8000円とか9000円という値段は、ちょっと高すぎる。
やっぱり5000円前後くらいが限度かな。
これは17cmサイズなので2000円くらいだったから、品質に比べてとても安い。
岩鋳製品には、他にも玉子焼き、万能鍋、パン焼き器(これ欲しいな~)とか、たくさん種類があって、見れば見るほど欲しくなってくる。

包装箱と空けると、小さな黒い円形のフライパンが顔を出した。
小さな姿が本当に可愛らしい。
でも深い黒さはずしっとした重さを感じさせる。
つややかでざらついた手触り。
機能的だけど、ある種の品性を備えた端正な趣がする。
手に取ると、小さいくせに結構ずっしりと重い。
17cmの大きさはちゃんと測っておいたけど、イメージしていたのよりはずっと小さい。
これなら、ホットケーキ、パンケーキ、玉子焼きや、少量の炒め物・焼き物に向いている。
ちゃんと専用の木製トレーも買ったし、作りたてをそのままテーブルに運んで食べるのも素敵だろうな~。
チャーハンや焼きそば用には、もっと大きなフライパンがいる。
ディナーパンの26cmサイズを持っているが大きすぎるので、オムレツパンあたりが欲しくなってきてしまった。


さて、使い初めは油ならしをしないといけない。
普通の鉄製フライパンと違って、焼きこむ必要はない。
お湯でさらっと洗ってから、コンロで熱しながら油をしっかりひいて、温まったら野菜をいためる。
冷凍野菜を入れたが、水分がはじけて、だいぶシャキとしてきた。
テフロンなら、ぐんにゃり~となるところだ。
バターも加えて、焦げない程度に炒めて出来上がり。
ここで焦がす人がいるらしい。
それはちゃんとフライパンを温めていないか、火力が強いからのどちらかだろう。
この鋳鉄製のフライパンなら、中火でも十分に強い火力だ。
これも鋳鉄の蓄熱力のおかげ。ステンレス3層とか5層鍋の蓄熱力に匹敵するかも。
普通の鉄のフライパンと違って、そんなに強火でガンガン熱しなくてもいい。

すぐに試食。
冷凍野菜の水っぽさが大分なくなっていて美味しい。
やはりテフロン・フライパンとは違う。
ちゃんと本腰を入れて料理をしたら、その違いはもっとわかるだろう。

次は、冷えないうちにフライパンのお掃除。
取手も鋳鉄製なので熱くなっている。
しばらく冷ましてから、お湯でささっと洗いながす。
コンロで火にかけて乾燥させる。しっかり水気を飛ばさないといけない。
最後に内側にたっぷりと油を塗って、さび止めをして完了。
これが手間といえば手間。
でも今は時間が十分にあるから、こういうお手入れもちゃんとできる。
会社勤めをしていたら、効率第一で多分テフロン加工のフライパンを買っていた気がする。
フライパンを新調するので、テフロン加工と鉄、鋳鉄のフライパンの違いを調べてみた。
テフロン加工の強い火力に耐えられないひ弱さがあるが、それには付き合いたくない。
安いテフロン加工のフライパンを買って、テフロンがはげたら使い捨てというのは抵抗がある。

なぜかこの鋳鉄製のフライパンに愛着を感じてしまった。
テフロン製なら絶対そういう感覚は持たないだろう。
結局、テフロン加工は機能劣化していくしかない運命。
鉄製や鋳鉄製は、使えば使うほど良くなっていく楽しみがある。
普通の鉄製のフライパンと鋳鉄製のフライパンとはでは、違う感じを持つと思う。
鋳鉄独特のレトロな雰囲気と重みと歴史がそう感じさせるのだろうか。
鋳鉄製の料理道具とか食器とかがキッチンにあると、どことなく落ち着けるような雰囲気がしてくる。
フライパン1つで、使う側の気持ちが変わってくるのは本当に不思議だ。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。