お菓子材料と器具のお店「CUOCA(クオカ)」 

2006, 12. 28 (Thu) 21:05

今日は新宿・三越のCUOCA(クオカ)と合羽橋へ、お菓子作りの道具探しに出かけた。
まず、新宿・三越百貨店の地下にあるCUOCAへ行く。
もっと大きいお店かと思っていたが、それほど大きくはなかった。
でも、お菓子の材料は、種類が豊富。
それに、アーモンドスライスや胡桃、チョコレートなどはかなり安い。

製菓道具はそれほど多くはない。
お目当てのマトファーのケーキドロワの16cmは置いてあった。
小ぶりに見えるが、1人で食べる分を焼くのにはちょうど良いサイズ。
ちょっとスリキズがあるが、あまり深く考えずにそのまま買ってしまった。
家に帰って良く見ると、内側・外側ともかなりキズが多くて、目立つ。
お店で買うときに、在庫品の新品があれば、それに取り替えてもらえばよかったと大後悔。
たかが型でも3000円近くもするので、きれいな商品の方が気持ちがいいのは当然。
新品を出してくれるほど、スタッフは気が利かないのだろう。

次は、粉をふるうための裏ごし器を700円弱で買った。
スーパーとかで買ってもこれくらいの値段はする。
直径15cmなので、ボールからはみ出さずに使えそうな気がする。

次は、プリン型。
アルミカップ、耐熱ガラス、ココット型があったが、それほど種類は多くはない。
容器を食器に使うので、アルミカップは対象外。
耐熱ガラスは、柄もない透明な6個セット(直径7cm)で2000円。
同じ容器を6個も必要ないし、薄かったので、すぐ割りそうな気がした。
ベルメゾンでは、可愛い柄の耐熱プリン容器がもっと安く売っていたし。
やっぱり、パイレックスを探すべきだと思い直す。
ココット型は安かったが、ハート型6個、丸型は10個でセット販売されていた。
ハート型は6個で1000円弱と安くて魅かれるが、同じ型ばかり6個も欲しくない。
結局、合羽橋で探すことにした。

クッキーの抜型もあまり多くはないので、これもパス。
小さい抜型で、1個150円くらい~400円くらいのものまである。
1個150円くらいのは値段が安いせいか、薄っぺらい感じがする。

GABANのシナモンパウダーが210円。
さつまいもとりんごの甘煮やシナモントーストに使えそうなので、ついでに買った。
でも、シナモンパウダーはここで買わなくても、100円ショップやスーパーで、もっと安いのを売っているのがわかって、これも後悔。
GABANというのは、多分外国メーカーのブランドなんだろう。

CUOCAは材料を探すのが楽しい店だと思う。
種類も豊富だし、それほど高くはない。
ネット通販もしているので、まとめ買いするにはいいお店だ。
製菓用具の方は種類が少ないので、並べてあるものからしか選べない。
たまたま新宿店がそうだったのかもしれないが、ネットショップのラインナップを見ても、やっぱり少なかった。
道具類は合羽橋の卸問屋か、もっと大きな製菓用具専門店を探す方が良いと思う。

0 Comments

Leave a comment