*All archives*



千日前道具屋筋
東京の合羽橋道具屋街は巨大な卸問屋街。
数車線ある広い幹線道路を挟んで、全長700mの道具街の両脇にお店が並んでいる。
調理道具、お菓子作りグッズ、和食器・洋食器、輸入食材、包丁、鍋、フライパン、パッケージ、ユニフォームなど、調理に関する道具で無いものは無いと言っても良いくらい。

大阪にも似たような道具屋街がある。
それが千日前道具屋筋。
難波の高島屋百貨店の近くにある。
道具屋筋はアーケードになっているので、中はそれほど明るい雰囲気はない。
店の数もわずか50店舗あまり。
一応、一通りの道具はそろうだろうが、店の数が少ない=種類が少ないので、合羽橋のように1日いても飽きないという楽しさはない
食い倒れと言われる街の料理道具卸問屋にしては、大したことはない。
一軒一軒のお店はそれなりに個性があるのだろうが、一つの街としてみると、やはり合羽橋の道具屋街をしってしまうと、どうしても見劣りしてしまう。

実は大阪は商人の町とか商売の町とか自称しているけれど、最近の地盤沈下は激しい。
卸問屋といっても、赤ちゃん本舗とかの卸スーパーが目立っているし、商店街も大手スーパー、量販店に押されて、衰退する一方。
東京も似たようなものだが、なにせ人口規模と人口密度は大阪の比較にはならないので、商店街が衰退したとはいえ、大阪の町の衰退度よりはまだましかもしれない。
大阪は食べ物が美味しいとは言うが、お好み焼き、たこ焼き、うどんは美味しい。
あとは、大したものはない。

考えなくてもわかることは、東京の方がまず店の数と種類が多い。
インテリアも今までのないタイプの店が次から次へと出てきては、消えていく。
変わった店でも、人口規模が大きいため、誰かしら寄り付くので、それなりにははやる。
学生が多いので、新しいものを受け入れやすい素地もある。
ジャズのライブハウスの数なんかも圧倒的に東京が多い。
ジャズを聞くようなテイストを持つ人口が多いせいだろう。
でも競争が激しいので、どんなお店でも、飲食店、物販店に限らず、うかうかしているとすぐに消えていく。
洒落た食べ物や、ベトナム・タイ料理などのエスニック系料理は、はるかに東京の方が良い。

そのうち、大阪と東京の比較でもしてみよう。
その中で大阪の良さが多少なりとも、見つけ出せれば良いが、一度東京に住むとそれも難しいだろうが。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。