合羽橋で料理グッズ探し 

2007, 01. 23 (Tue) 21:17

今日は大学でベトナム語の授業がある。
JR三田駅まで出るので、途中上野駅で降りて、合羽橋の道具屋街で料理グッズを探しに行った。
今日のお目当ては、Dr.goodsで売っているOXOのスパチュラ。
Dr.goodsの浅草通りに近い方のお店に小さな料理用具がいろいろ置いている。
センスのいい雑貨屋さん風の店構え。
女性客が数人いる。狭い店内なのでとても賑わっている。

OXOのスパチュラは、大きい方と小さい方の両方ともちゃんとあった。
色は5色あるが、写真で見るより実物で見た方がやっぱり良い。
写真のイメージだとラズベリーが可愛らしかったが、実物でみるとちょっと暗め。
それよりトマトの赤い色が明るくて可愛い。大きいスパチュラはトマトにした。
小さいスパチュラは色違いのパンプキン。オレンジ色が明るい。
このスパチュラを置くだけで、なぜかキッチンがカラフルになる。
グリーンのバジルも欲しかったけど、これはまた次の機会。
OXO シリコンスパチュラ M ラズベリー 1056866 OXO シリコンスパチュラ M ラズベリー 1056866
OXO (オクソー)
この商品の詳細を見る


お店の入り口のロッジのスキレットが置いているのに気が付いた。
8インチ(20cm)サイズのスキレットと専用蓋もある。
ロッジ独特の雰囲気があって、なかなかカッコイイ。
手にとって良く見てみると、岩鋳の南部鉄器のフライパンに比べて表面処理が荒い。
ムラがあって、小さいけれど突起みたいなのがある。
やっぱり南部鉄器の方が出来がいいような感じがした。
でも、あのロッジの蓋だけは魅力的。
2600円くらいしたけど、ずっしり重い。
南部鉄器で鋳鉄製フタ付きのフライパンはとっても少ない。
南部鉄器の重いフタがあったら、蒸し焼きにしたりいろいろできていいのに。
100スキならフライパンをフタ代わりに使うというワザもある。
今はビタクラフトの片手なべのフライパンのフタをかぶせている。
ビタクラフトのフタは厚みがあるので、そこらで売っているフタよりもずっと保温性が高い。

キッチンワールドTDIにも寄った。
ここは輸入物が割りと安いし、センスがいい。
合羽橋に来たらいつも寄って、何かしら買ってしまう。
スパチュラもル・クルーゼなどの欧州メーカーの製品がいくつか置いている。
柄がステンレスのシリコン製、オールシリコン製などが置いてあったが、OXOよりは高い。
それに日本人にしては、ちょっと大きめ。外国人は手の平が大きいのだろう。
OXOのターナーとホイッパー(ウイスク)が置いてあった。
Dr.goodsよりも1割くらい安い。
ターナーはステンレス製のソフトターナーとナイロンフレキシブルターナーが置いてあった。
私のフライパンは鋳鉄とはいえ、金物ターナーは避けよ、とどこかに書いてた記憶があって、迷った。
ステンレスのソフトターナーはヘッドがとっても薄い。まるで薄い下敷きみたい。
それに、ナイロンターナーよりもずっと弾力性があって、こっちの方がよっぽどフレキシブル。
結局、使い安さを優先させて、ステンレス製のターナーにした。
あれだけ薄くてペラペラ曲げられれば、フライパンの表面を傷つけることは少ないはず。
OXO フレキシブルターナー 34491 OXO フレキシブルターナー 34491
OXO (オクソー)
この商品の詳細を見る


ウイスクは大小あって、1000円前後。
大は小を兼ねるとはいえ、そんなに大量にホイップすることはまずない。
小さいボウルを使うことが多いので、小さい方が使い勝手がよさそう。
今は木製の柄の小さなホイッパーを使っているが、どうしても柄の部分が黒ずんでくる。
キッチングッズで水洗いを良くする道具は絶対に木製でない方がいい。
結局、小さなウイスクの方を買った。
OXO グッド・グリップス ウイスク (小) 74091 OXO グッド・グリップス ウイスク (小) 74091
OXO (オクソー)
この商品の詳細を見る


HARIO(ハリオ)クッキングメジャーのドレッシング用も買ってしまった。
初めは買うつもりはなかったが、見ているうちに欲しくなってしまった。
メジャーカップに和洋中華用の材料別目盛りが付いている。
パッキンをはめておけば、シェーカーして混ぜることもできそう。電子レンジもOK。
560円くらいと安かったので、衝動買いしてしまった。

隣のお店はTDIの包丁専門店。
包丁を実に3年以上も一回も研いだことがない。
さすがに切れ味は悪くなっている。
電動包丁研ぎ器でも買わないと..とちょうど思っていたところ。
スティックの研ぎ棒なんかもあるけど、京セラのセラミックロールシャープナーにした。
慣れない包丁研ぎは、機械の方にまかせた方が無難そう。
このシャープナー、販売実績200万個と荒研ぎ・仕上げが同時にできるヒット商品らしい。

早速、家に帰ってから試してみた。
10回シャープナーで行き来させて大根を切ってみたが、それほど切れ味は良くなっていない。
やはり3年も研がなかったせいだろうか。
もう10回、今度はかなり力を入れて、すりすりとシャープナーに包丁を往復させた。
今度は大根がスっと切れるようになった。
やっぱり包丁はちゃんと研がないといけない。

近くのお店で和風食器を売っていた。
白いスクエアなお皿が欲しかったところだし、フランフランとかの雑貨店よりもずっと安い。
10cmと20cmのスクエア皿を2枚買った。
家には円形か楕円形のお皿がほとんど。
スクエアは中華皿が2枚と小鉢、栗原はるみのリムトレー。
スクエア皿だと雰囲気が大分変わる。
それに真っ白のお皿は、食材の色が映えてとても綺麗。
これは良い買い物だった。

合羽橋はこれで3回目。
今日は買うものを決めていたとは言え、1時間半くらいかかった。
いろんなお店があるので、いつ来ても面白いし、ついいろいろと買ってしまう。
でも道具はずっと使えるし、長く使うものなら、多少高くても気に入ったものの方がいい。
高いものや気に入ったものは、丁寧に使うようになる。

0 Comments

Leave a comment