*All archives*



ナシゴレン
エスニック料理はとても好きなので、今まで、ベトナム、タイ、インド、インドネシア、パスキタン料理店に行った。
そのうち、ベトナム料理とタイ料理レストランには、もう数十回は通ったはず。
家でもエスニック料理を作るが、簡単にできるものが多い。
フォー、ブン、生春巻き、ナシゴレン、タイカレー。
タピオカとココナッツミルクがあれば、タピオカミルクくらいは作れる。

今日は久しぶりにナシゴレンを作った。
ナシゴレン(nasi goreng)とは、インドネシア語で焼き飯のこと。
ミーゴレンというのは、焼きそばを指す。
インドネシア語で、ナシは「ご飯」、ミーは「麺」、ゴレンは「揚げる、炒める」の意味。

ペーストは無印良品で売っているものを使う。1袋168円と安い。
無印良品は、エスニック料理の素がいくつか置いてあって(ジャンバラヤ、ビビンバ)、すぐ手に入るので便利。
成城石井の方が、レトルト品やペースト、乾麺、スパイス、外国米などの種類が圧倒的に豊富でいいが、いかんせん、近所にない。

ナシゴレンの作り方は簡単。
-ピーマン(赤または緑)とタマネギを大き目のみじん切りにして油で炒める。
-そこにご飯を茶碗2杯分投入し、さらに炒める。
-それからナシゴレンの素のペーストを混ぜ込んで、パラっとしたら出来上がり。
-最後にレタスをちぎって、ご飯に混ぜる。
-それから、目玉焼きを弱火で作って、半熟を通りこしたぐらいの固さにして、ナシゴレンのご飯の上に載せる。

お店で食べるナシゴレンには、いつも目玉焼きが載っている。
目玉焼きがないと、ナシゴレンっぽくない気がしてしまう。
赤いピーマンはとレタスのグリーン、目玉焼きの白と黄色、ご飯の色はトマト色と、とてもカラフルで綺麗。南国風焼き飯というところだろうか。

この無印良品のナシゴレンペーストは、それほどクセがない。
インドネシアの輸入ペーストは、ちょっとスパイスが効いてて味が濃いし、ご飯にまぜると、ベタっとしてしまう。
日本のお米は粘り気が多いので、エスニックご飯には向いていないからだろう。
タイの長粒米か香り米あたりが良いが、そこらのスーパーには置いていない。
それに、輸入関税が高いせいか、結構な値段がする。
エスニック料理の炒めご飯やカレーは、味はスパイシーだが、なぜか胃にはそれほどもたれないから不思議。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。