*All archives*



幸若舞『敦盛』
『敦盛』といえば、織田信長が浮かんでくる。

織田信長は『敦盛』の一節、「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり。一度生を享け滅せぬもののあるべきか」という謡を好んで謡ったという。

『敦盛』とは、平家の平敦盛のこと。
平経盛の末子で平清盛の甥。官職にはついていなかったので、無官大夫と言われていた。
平安時代の末期の治承・寿永の乱(源平合戦)で有名な一ノ谷の戦いで、敦盛は熊谷直実に討たれた。享年16。その後直実は出家したそうな。

織田信長が謡っていた『敦盛』はお能のことだと思っていた。
調べてみると、この一節は、お能の『敦盛』ではなく、幸若舞の『敦盛』の言い回しらしい。

「幸若舞」(こうわかまい)
「福岡県みやま市瀬高町大江に伝わる重要無形民俗文化財の民俗芸能。能や歌舞伎の原型といわれ日本最古の舞楽として 700年の伝統を持ち、毎年1月20日に大江天満神社で奉納される。
幸若舞は、中世から近世にかけて、能と並んで武家達に愛好された芸能であり、武士の華やかにして且つ哀しい物語を主題にしたものが多く、これが共鳴を得たことから隆盛を誇った。一ノ谷の合戦の平敦盛と熊谷直実の『敦盛』などは特に好まれたといわれている。」
(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。