キース・ジャレット 『The Melody At Night, With You』 

2007, 02. 25 (Sun) 02:26

とても疲れている時に、それも皆が寝静まった深夜に聴きたくなる音楽は、キース・ジャレットの『The Melody At Night, With You』。

全曲ソロピアノで、とても内省的な曲で構成されている。
ポロン、ポロン、と鳴る音がとても澄んでいる。
なぜかこの曲を聴く時は、ブラームスのインテルメッツォを聴きたくなる時と、自分の精神状態が同じような感じがした。
曲のメロディは全然違うけど、語りかけるようなメロディがもつフィーリングはとても似ているような気がする。

彼は慢性疲労症候群にかかって、演奏活動を休止し、回復しつつあった時の作品。
彼が以前にステージで見せたあの集中力・凝縮力、精神が研ぎ澄まされた演奏は、自らの精神を疲弊させながらでしか、実現しなかったものだったのかもしれない。

この演奏で、彼は一体誰に語りかけているのか。
それとも、自分自身の心と向き合っているだろうか。

ジャズアルバムは数百枚持っているが、My Favoriteはどれかと聴かれたら、"The Melody At Night, With You"は必ずあげるだろう。

The Melody At Night, With You The Melody At Night, With You
Keith Jarrett (2006/05/01)
Ecm
試聴ファイル

タグ:キース・ジャレット

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment