*All archives*



ふっくらフレンチトースト
最近、なぜかフレンチトーストが無性に食べたくなる。
このところたて続けに読んでいるケンタロウの料理本に載っていたフレンチトースト。
それがやたら美味しそうだったせいのような気がする。

フレンチトーストは大体土曜日か日曜日に作る。
お休みの日のブランチには、ちょっとだけ手間のかかるフレンチトーストで、のんびりしたいから。

卵1個、無調整牛乳50ccとお砂糖をミニホイッパーで混ぜて、後は鋳鉄のフライパンでじっくり焼けば、出来上がり。
フライパンにはコーンのマーガリンをたっぷり溶かしておいた。
サラダ油よりマーガリンで焼く方が気に入っている。
カロリーはさほど変わらないので、ちょっと甘みのあるこてっとした出来上がりになるマーガリンの方がフレンチトーストには似合うような気がする。

食パン1枚の大きさには、この17cmサイズのフライパンはかなり窮屈。
あらかじめ半分に切っておいたけど、きれいに裏返すのにひと苦労。
ターナーが大きいせいもあるので、小さいターナーを買ったほうが良さそう。
ステンレス製がほとんどだけど、できるだけ樹脂製を使いたい。
別に金属製でもいいんだろうが、ガシガシしているとフライパンにキズがつきそうだ。

鋳鉄のフライパンで初めは中火で加熱。
あとは弱火でじりじり焼いていくと、トーストがとってもふんわりと膨らんだ。
卵に砂糖が入っているせいもあるだろうが、テフロン加工のフライパンだと、こんなにふっくらしたことはない。
ホットケーキも玉子焼きもそうだけど、これが鋳鉄フライパンの良さ。
一度使ったら、絶対止められない。

お茶は、チャイ。DHCが販売しているインド製(たぶん)。
粉末チャイよりもかなりスパイシーで、コクがある。
フレンチトーストには、アールグレイかチャイが良く似合う。

Secret
(非公開コメント受付中)

ターナー
小さくて小回りのきく柔らかめのって、重宝しますよね。
わたしもお鍋を大事にしたいので、出来る作業は、木製のヘラでやってます。あと、菜箸とか。割り箸とか。
木製ツール、良いですね。
ル・クルーゼのお鍋は金属製ツール厳禁なので、OXOのシリコン・スパチュラと、木製のお玉をすぐに買いました。このスパチュラは耐熱温度が315度で、熱いお鍋でかき混ぜても、まあ大丈夫でしょう。

でも、一番使い心地がいいのは、やっぱり木のヘラと菜箸ですね。木製お玉を初めて買いましたが、鍋にあたってもキーキーしないので、木製ツールが最近気に入ってます。
しゃもじも樹脂製から木製に代えようかと思ってます。
木製ツールは洗ったあとしっかり水滴を拭いておかないと、黒ずんでくることがあるので、ステンレスやナイロン製とかよりはちょっと気を使いますね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。