*All archives*



ウインザーポットでお茶を沸かす
フタのないホーローのお鍋でお湯を沸かすと塩素が蒸発するし、ステンレスケトルのお湯のような金属臭がなくて、美味しいらしい。
教えてもらったのは、こちらのブログ「ままごと料理日記 フタのない片手鍋でお湯を沸かすこと」

ホーローなら、ウィンザーポットがちょうど家にある。
早速、今日の分のお茶を沸かしてみた。
ウィンザーポットは、底径が11cmくらいしかなく、上に広がっている形。
フタをせずにお湯を沸かすと、ステンレスケトルよりも沸騰するまでの時間が長い。
沸騰すれば、中火の弱火に落とす。ぐつぐつと沸いている。
5分ほど沸騰させてから、はぶ茶のティーバックを入れて、煮出す。
さらに5分沸騰させつづければ、きれいな茶色のはぶ茶が出来上がり。

ウィンザーポットで作ったはぶ茶は、とってもまろやかな味がして美味しい。
さすがホーローの威力。
ステンレスケトルではぶ茶を沸かすと、渋みが強くなり、そう言われてみれば金属っぽい味がかすかに残る。
それに、ステンレスケトルに煮出した後のはぶ茶を入れたままにしておくと、錆びるらしい。
はぶ茶、黒豆茶とかのマメから作るお茶は、鉄とは相性が悪いような気がする。

ここまでは良かったが、ウィンザーポットはミルクパンとは違って、注ぎ口がないので、急須に入れなおすのがかなり大変。
よっぽど慎重にしないと、お茶がこぼれてしまう。
これはなんとかクリアしたが、次の問題は、ウィンザーポットに茶渋が円形にこびりつくこと。
お茶を煮出すときに、水分が蒸発するので、茶しぶが焦げ付いた状態になるらしい。
ポットが温かいうちにスポンジと洗剤で洗ってみたが、効果なし。
こういうときは重曹に限る。
重曹と、水を縁から1cmところまで入れて、また沸騰させる。
しばらく沸騰させておいて、火を止めてから数十分放置。
大分焦げ付きが取れている。
スポンジで残った茶色のシミをごしごしこすると、すっかり茶しぶが取れた。
もとどおり、きれいなアイボリー色の表面に戻ってホッと安心。

少量のお湯だけを沸かすのは、ウィンザーポットでも大丈夫。
但し、ウィンザーポットの容量が1.9リットルあるので、熱がたくさん逃げて効率が悪そう。
重さも2.4キロもあるので、これに水を1リットルも入れると結構重い。
少量なら、小さなホーローミルクパンの方がずっと便利。
朝食のチャイや紅茶には、ホーローミルクパンで沸騰させたお湯が良さそう。
大量のお湯を沸かしたり、お茶を煮出すには、ハンドルと注ぎ口のある専用ケトルの方が扱いやすい。
たしか実家のキッチンの棚に、ホーロー製のケトルが1個余っていたはず。
あれを使えば、おいしいお茶が湧かせるはず。
ケトルと思えば多少茶渋がついても、たまに重曹で洗えばいいし、まあそれほど気にしなくてもいいだろう。
今度実家に戻ったら、あのホーローケトルを持って帰ろう。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。