ご飯のレシピBOOk 

2007, 03. 07 (Wed) 00:57

料理bookは作らなくても、見ているだけで楽しい。
いつも手元に数冊、新しいレシピbookがある。
自分で買ったり、図書館で借りてきたり。
借りてきて良かった本は、ほとんど買っている。
数年前からちょこちょこ買って、もう50冊くらいはたまっている。
お菓子だけのレシピbookが10冊くらい。
残りは、ご飯やおかず、お菓子も一緒に入ったものが多い。

一時、栗原はるみの本をずっと買っていて、それが6冊くらいある。
デザインが綺麗なのと、それほど凝った食材を使わないけど、ちょっとした工夫で美味しそうに見える。
電子レシピで有名な村上祥子の本も数冊。
簡単な電子レンジレシピと、カタログっぽいけどデザインがすっきりしている「革命シリーズ」を2冊。
最近は、電子レンジで作るより、ちゃんと蒸したり、焼いたりした方が美味しいと思うので、買っていないけど。

他に、精進料理、お豆腐料理、ベトナム料理、アジアのお菓子とか、テーマものも結構ある。

この頃は、ご飯料理のレシピ本を探している。
ココットロンドを買ってから、お鍋で毎日ご飯を炊くようになったせい。
毎日、違うご飯を食べれるのはとっても楽しい。

「ご飯の底力」
ご飯料理のレシピは、これぞというものが見当たらない。
結局買おうと思ったのは、「ご飯の底力」(LEE Creative Kitchen)。
レシピ数は200。バリエーションは豊富。
炊き込みご飯、混ぜご飯、おすし、雑炊・リゾット・おかゆ、のっけご飯(どんぶりもの)、汁かけご飯、アジアのご飯、玄米・黒米・麦・雑穀ご飯。
ジャンルはほとんどカバーしている。
但し、炒り大豆ご飯がなかったのは残念だけど。
あんなに美味しいご飯なのになあ。

装丁は、ご飯のカタログ風。
レイアウトはパターン化されていて、やたらご飯の写真が大きい。
その代わり字が小さくなって、作り方の部分は見にくい。
全部作るわけじゃないからいいけど。
これで1260円だから、値段の割りにはとてもお買得だと思う。

ご飯の底力 ご飯の底力
生活文化編集部 (2005/09)
集英社
この商品の詳細を見る

「おいしいお米のレシピ―炊く、煮る、蒸して作る60品のご飯」
もうちょっと凝ったご飯レシピがいいのなら、この本はシェフが書いているこの本が良い。
蒸しご飯、おこげ(焦げた部分ではなく、炊いたお米を乾燥させて揚げたもの)とか、キムチソバライス、お好み焼きご飯、中国の八宝飯とかが載っている。
装丁は地味。レシピ数はちょっと少ないかな。
写真とレシピが別のページに載っている。
好みの問題だけど、私は一緒に載っている方が使いやすくていい。
税抜¥1300だから、高くもないが、レシピ数が少ないので安いというわけでもない。
おいしいお米のレシピ―炊く、煮る、蒸して作る60品のご飯 おいしいお米のレシピ―炊く、煮る、蒸して作る60品のご飯
小林 武志 (2006/03)
地球丸

この商品の詳細を見る


「きょう・すぐ・レシピ〈2〉どんぶり・混ぜご飯・炊き込みご飯」
この本は探しているけど、まだ手に入れていない。
たぶん今日の料理の別冊なので、中身はそつなくまとめていると思う。
きょう・すぐ・レシピ〈2〉どんぶり・混ぜご飯・炊き込みご飯 きょう・すぐ・レシピ〈2〉どんぶり・混ぜご飯・炊き込みご飯
日本放送出版協会 (2003/11)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る


「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理」
ココットロンドで炊くご飯レシピなら、ル・クルーゼのレシピ本に載っている。
数冊シリーズが出ていて、著者が異なるが、ご飯ものは良く載っている。
この本のご飯レシピはわりと数が多くて、バリエーションがあったような気がする。
「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理 「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理
平野 由希子 (2003/04)
地球丸

この商品の詳細を見る

0 Comments

Leave a comment