鋳鉄フライパンで焼きさば 

2007, 03. 11 (Sun) 03:35

このごろは鋳鉄フライパンの出番が多い。
おかずに焼き物、炒め物を作ることが多いせいだろう。
今日の晩ご飯はひさしぶりに焼きさばにした。

前は魚焼きグリルで焼いていたが、お魚は鋳鉄フライパンで焼くに限る。
鋳鉄のフライパンで焼いたサケが、ふっくらとふくらみ、身はプリプリ。
自分で焼いた焼き魚を本当に美味しいと思ったのは、初めて。
青身のお魚は好きではないが、たまには食べてもいいだろうと思って今日は焼きサバ。

フライパンを中火で熱して油を入れる。
油が大分熱くなってきたら、弱火に落としてサバの身側と皮側を順番に焼く。
皮も身も不思議と焦げ付かない。
油をちゃんと熱することと、火が通るまですぐに裏返さないこと。
それに、日々フライパンを洗って乾かした後に、油を塗っているのが焦げ付き防止になっているようだ。

鉄のフライパンだと、油返しをしないといけないし、ガンガンに熱く熱しないと焦げ付くらしい。
鋳鉄フライパンは、中火で熱してから、じんわりと弱火で焼いていく。
フタをしておけば、蒸し焼き風になって、ちゃんと熱が通るし、料理はふっくらと出来上がる。
買うときには、鉄か鋳鉄かどちらにするかで随分迷ったが、鉄のフライパンにしなくて正解だったような気がする。


翌日、このフライパンの問題点を発見した。
日曜日なので、フライパンでフレンチトーストを焼いた。
どうも魚っぽい臭いがする。味も焼き魚の味がほんのりするような気が...。
お魚やお肉を焼くフライパンと、フレンチトーストやお野菜を焼くフライパンと、2つ持っておいた方が良さそうな気がしてきた。
買うなら、やはり17cmサイズがベスト。岩鋳のファミリーパンが良さそう。
今度、ストウブのお鍋を合羽橋に買いに行くときに、一緒にフライパンも買って帰ろう。


2 Comments

playhouse  

やっぱお魚くさくなりますか

ロッジのスキレットでサバの味噌煮を作ったときに、わたしも、そのあと魚臭かったような気がしたのですが。気のせいじゃなかったんですよね。
フィッシュパンというのは、魚の形だからというのじゃなくて、専用にした方がいいんですね。きっと。

2007/03/11 (Sun) 21:10 | EDIT | REPLY |   

yoshimi  

きっと、サバのせいです

子持ちししゃもや紅鮭を焼いても、臭いは全然ついてなかったので、魚の種類によって違うかも。サバはフライパンを1回洗ったぐらいでは、臭いが残ります。
今晩、冷凍しておいた例の”パン粉ハンバーグ”を焼きましたが、お魚の臭いはとれてました。
スキレットで魚を焼いた時は、何回か別のものを焼いた後で、クレープ・ホットケーキ・フレンチトースト系のものを焼くようにするのが良さそうです。
でも、頻繁に魚料理をするのであれば、専用にした方が無難ですね~。

2007/03/11 (Sun) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment