*All archives*



鋳鉄フライパンで焼きさば
このごろは鋳鉄フライパンの出番が多い。
おかずに焼き物、炒め物を作ることが多いせいだろう。
今日の晩ご飯はひさしぶりに焼きさばにした。

前は魚焼きグリルで焼いていたが、お魚は鋳鉄フライパンで焼くに限る。
鋳鉄のフライパンで焼いたサケが、ふっくらとふくらみ、身はプリプリ。
自分で焼いた焼き魚を本当に美味しいと思ったのは、初めて。
青身のお魚は好きではないが、たまには食べてもいいだろうと思って今日は焼きサバ。

フライパンを中火で熱して油を入れる。
油が大分熱くなってきたら、弱火に落としてサバの身側と皮側を順番に焼く。
皮も身も不思議と焦げ付かない。
油をちゃんと熱することと、火が通るまですぐに裏返さないこと。
それに、日々フライパンを洗って乾かした後に、油を塗っているのが焦げ付き防止になっているようだ。

鉄のフライパンだと、油返しをしないといけないし、ガンガンに熱く熱しないと焦げ付くらしい。
鋳鉄フライパンは、中火で熱してから、じんわりと弱火で焼いていく。
フタをしておけば、蒸し焼き風になって、ちゃんと熱が通るし、料理はふっくらと出来上がる。
買うときには、鉄か鋳鉄かどちらにするかで随分迷ったが、鉄のフライパンにしなくて正解だったような気がする。


翌日、このフライパンの問題点を発見した。
日曜日なので、フライパンでフレンチトーストを焼いた。
どうも魚っぽい臭いがする。味も焼き魚の味がほんのりするような気が...。
お魚やお肉を焼くフライパンと、フレンチトーストやお野菜を焼くフライパンと、2つ持っておいた方が良さそうな気がしてきた。
買うなら、やはり17cmサイズがベスト。岩鋳のファミリーパンが良さそう。
今度、ストウブのお鍋を合羽橋に買いに行くときに、一緒にフライパンも買って帰ろう。


Secret
(非公開コメント受付中)

やっぱお魚くさくなりますか
ロッジのスキレットでサバの味噌煮を作ったときに、わたしも、そのあと魚臭かったような気がしたのですが。気のせいじゃなかったんですよね。
フィッシュパンというのは、魚の形だからというのじゃなくて、専用にした方がいいんですね。きっと。
きっと、サバのせいです
子持ちししゃもや紅鮭を焼いても、臭いは全然ついてなかったので、魚の種類によって違うかも。サバはフライパンを1回洗ったぐらいでは、臭いが残ります。
今晩、冷凍しておいた例の”パン粉ハンバーグ”を焼きましたが、お魚の臭いはとれてました。
スキレットで魚を焼いた時は、何回か別のものを焼いた後で、クレープ・ホットケーキ・フレンチトースト系のものを焼くようにするのが良さそうです。
でも、頻繁に魚料理をするのであれば、専用にした方が無難ですね~。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。