国際協力NGOの募金マーケティング(2)参加型募金 

2007, 03. 14 (Wed) 02:14

数多くのNGOが募金活動に力を入れ始めると、差別化のためにも募金の仕組みを工夫する必要がある。
その手法の一つは、参加型の募金システムがある。

単にお金を募金するのではなく、モノを媒介にした活動を通じて、現地にお金や必要なモノが届くという方式。
個人なら、自分が手足を動かすことによって、現地に必要なお金や物が届けられるという実感が得られる。
企業なら、単にお金を渡すだけではなく、社員が参加できる方式を好む傾向が強いので、この方式は受け入れやすいと思う。
但し、内容によってはかなりノウハウが必要で、誰でもすぐに真似できるというわけではない。

ステナイ生活/(特活)シャプラニール
不要品のリサイクル・リユースによって得た収益が募金になる。
書き損じたはがき、古本・CD、使用済みまたは未使用の切手・カードなどが対象。
これはどの団体でも良くやっている定番の一つ。
リサイクル・リユース活動にはネーミングをしてない団体も多い中で、このネーミングは一番センスが良く思える。

リサイクル・リユース方式は、企業が募金する時に良く使われている。
個人だと量も限られているが、企業の場合は自社と従業員の両方から集められるので、それなりに結構な募金額になる。
企業にとっては、企業活動で発生する不要品を活用できるので一石二鳥。
さらに、従業員参加方式でもできて、自腹を切らずに従業員から資金を集められる点が良いのだと思う。

ピースコーヒーサポーター/(特活)ピース・ウインズ・ジャパン
東ティモール産のフェアトレードコーヒーなど年3回のプレゼントがつく募金システム。
サポーターは、ピースコーヒーを優待価格で買える。
月額3000円とそこそこの募金額にはなる。
フェアトレードなので、コーヒーの値段はそれなりに高い。
しかし、日本国内で売られているコーヒーだって結構高いから、コーヒーを買うだけなら、それほどの負担感はない。
どれだけのプレゼントコーヒーがつくのか、ホームページの説明では明示されていない。
品物とか量くらいは書くべきだと思うが、プレゼントグッズが年間3000円くらいとすれば、募金額の1割がプレゼント代金になる。
よくコーヒーを飲む人ならいいかもしれないが、コーヒー好きには味のこだわりがある人が多いから、どの程度サポーターが登録されているんだろうか。
ちなみに、ピースウィンズが販売している東ティモールコーヒーはまろやかな味がする。
コーヒーが苦手の私でも、ミルクと砂糖を入れて飲むと、とても美味しいと思ったコーヒー。

絵本を届ける運動/(社)シャンティ国際ボランティア会(SVA)
日本語の絵本にカンボジア・ラオス語の訳文を貼り付けて、現地に絵本を送る活動。
参加費は絵本キット・輸送費用等が入って2000円。
指定された絵本を自前で調達できる人は1000円でも参加できる。
自分の作ったものが現地で実際に使われることがわかっているので、絵本を作るという作業のやりがいも強くなると思う。
これはSVAがかなり長期間続けている活動らしく、絵本コンクールなども開催するなど、かなりのノウハウが蓄積されている模様。
他の団体が同じような活動をするのは、ちょっと難しいだろう。

ダルニー奨学金/日本民際交流センター
奨学金制度は古くからあるが、このシステムの特徴は、書き損じはがき・未使用テレカ収集による募金も受け入れていること。
ホームページを見ると、この奨学金へ寄付している企業も多い。
寄付企業リストには、 書き損じはがき等のリサイクル・リユース活動による募金がかなりある。
途上国の子どもの教育に対する寄付なら、企業としても比較的社内コンセンサスが得やすいし、多くの参加者が期待できる。
従業員が集めた募金に加え、マッチングギフトとして募金額と同額を会社から寄付する企業もあるだろう。

ファミン/ワールド・ビジョン・ジャパン
ワールドビジョンジャパンが2004年に行ったキャンペーン。
タンザニアとケニアの難民キャンプに、不足する衣料を送ろうというもので、物品寄付に加えて、輸送費も寄付する必要がある。
必要な衣料品の種類が細かく指定されており、洗濯したきれいな古着や新品を送らなければならない。
2004年以降はこのキャンペーンをしていないようだ。

よく災害支援時の衣料品寄付で問題になるのが、古着の品質。
とんでもないボロ着だとか、洗濯していないような古着を送ってくる人が必ず出てくる。
多分、このキャンペーンの時もそういう問題があったんじゃないかと思った。
それに服に関する文化の違いも大きくて、アフリカの人々が着れない服もあったはず。
送る前に検品作業をしたのなら、その手間はかなりの負担になる。
本当のところはわからないが、そういう事情で、二度としないことにしたんではないかと推測してしまった。

タグ:NGO

※右カラム中段の「タグリスト」でタグ検索できます。

0 Comments

Leave a comment