*All archives*



魚焼きグリルの注意点
魚焼きグリルは便利なこともあるが、使い方には注意しないといけないことも多い。
これを全部考え合わせると、やはりオーブンやトースターの方が扱いやすいと思う。
グリルで焼く方が早くて美味しく焼けるものもあるので、いろいろ焼いてみて、使い分けできるようになるのが一番。

◇アルミホイルが必要(料理による)
火力が強く、庫内温度も高いので、表面がすぐに焦げる。
弱火にしていても、焦げやすいのはオーブンの比ではない。
ケーキやクッキー、ベーグルとかは、アルミホイルをかぶせておく必要があるが、初めからアルミホイルで覆うと、なかなか焼けない。
アルミホイルを使うタイミングも、料理によっていろいろあるので、なれるまでは面倒。
慣れても、やはりオーブンよりは面倒。

◇温度調整ができない。
予熱時間が2~3分しかかからないのは良いが、庫内温度が300℃くらいに上がるのは、良くもあり、悪くもあり。
何より温度調整できない点が最大の欠点だと思う。

◇庫内が狭い
1人分の料理ならいいが、1皿分が大きければ、4人分とかの家族分作れない料理も多い。
グラタンとかのメイン料理は難しい。

◇庫内が低い
ケーキのパウンド型など高さがあるものは、入らないこともある。
アルミホイルの高さも考えれば、ケーキ型の高さはかなり低くないといけないので、大きなケーキは焼けない。
クグロフ型、シフォン型はまず無理。20cmサイズのケーキ型でもどうかと思う。
主に、16cmサイズのパウンド型・エンゼル型、18cmのパイ皿を使っているが、これが限界。
ケーキは必ず焼き網をとって、受け皿においておくこと。
上部に行くほど熱が強くて、アルミホイルをかぶせていても焦げやすくなるので、なるべく火から遠ざけておいた方が良い。

◇焼きむらが多い
ガスグリルは、火の近くは当然火力が強くなるので、奥と横が一番良く焼ける。
度々方向を入れ替えないと、焼きむらが出て、奥は焦げていて、手前は生焼け、なんてことになる。
横側でも、バーナーの下側に入りこむと、全然焼けてくれないから場所には注意。
この焼きムラが多いのも、大きな欠点。

◇クッキングシートが燃える
火の近くだとクッキングシートは焦げる、燃えるので、必ずアルミホイルで隠しておく。
自動消化機能つきのコンロなら、燃え出すとガス火が強制的に消えるのでまだしも安心だが、旧式コンロではそのまま燃えたら危険なので、クッキングシートは使わないに越したことはない。
クッキングシート(ケーキを焼くのに使うタイプ)の耐熱温度は250度くらいが多い。
クッキングシートを使わず、バターや油を塗って代用できるのなら、そっちの方が安心。
牛乳パックをケーキ型で焼く人がいるが、焼くとインクの色が落ちたりうつったりするので、外側はアルミホイルで巻き、内側はクッキングシートを挟んでおく方が無難。
それより、ちゃんとした耐熱型を1つくらいは買った方が良いと思う。

◇冷めたら臭い移りがする
料理が出来上がったら、すぐに庫内から出すこと。
でないと、いろんな料理の臭いが移ってしまう。
受け皿や焼き網はマメに洗っておいても、庫内は洗えないので、どうしても臭いが残る。
冷えるとその臭いが料理に移ってしまうので、焼きあがったら、さっさとグリルから出しておく。

◇庫内をマメにチェックする
慣れるまでは、焦げ始めるまでの所要時間がよくわからないから、グリル扉の前に張り付くか、マメに焼け具合をチェックすることになる。
これがまた面倒。扉を度々開けると熱が逃げるので、効率も悪くなる。
慣れたら、クッキングタイマーを短めにセットしておいて、様子を見ればいいが、一度焦げだすと早い。
油断するとすぐに焦がして失敗することになる。


オーブンは、ガスオーブンより電気オーブンの方が、対流による熱ムラがない分、きれいに焼き上がると思う。
これは比較して試したことがないので、はっきりとは良くわからない。
ちなみに、コンビニで売っているようなお弁当用の業務用ご飯がまは、電気が多くなっているらしい。
電気釜はガス釜と違って、熱が均一でムラなく焼けるから、というのを聞いたことがある。

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。