*All archives*



ベトナムに関する書籍(2) 食紀行とレシピ
ベトナム料理店が増えてどこでも食べれるようになったので、外食するときはベトナム料理が多くなってしまった。。
チェーンではベトナムフロッグが東京・大阪にある。
お店によってセットメニューは随分違う。
汐留のベトナムフロッグの土曜日のランチセットが美味しい。
大阪難波にあるベトナムフロッグは、テラス席がアトリウムみたいな雰囲気で室内で食事するよりもいい。天井にはコロニアル風のファンが回っている。
値段は安いが、日本人向けの標準化されたマイルドな薄めの味つけ。
何回も行くと飽きてしまった。

美味しいと思ったベトナム料理店は大阪難波にある「ベトナム家ごはんインドシナ」
オーナーは若い日本人男性、シェフはベトナム人女性。
ベトナムフロッグの規格品的なクセのない料理と違って、コクのある味付けで美味しい。
どの料理も美味しいが、特に、”サイゴンの中華街の焼飯”と”バナナケーキ”が好きで、いつも頼んでいた。
ホームページには、ベトナムへ行ったときの感想やハスの花、ベトナム家具の話しとかもちょっとだけ載っていて、個人オーナーのお店らしい雰囲気がする。

ベトナムの食紀行の本はいろいろあるだろうが、食文化の話しが詳しくて、写真も見ていて楽しいのは、そう多くはない。

「ベトナムめしの旅」
ベトナムの食に関する写真と紀行文。
ベトナム料理の研究家伊藤忍の文章に、福井隆也の写真がついている。
文章もそこらの旅行記とは違って、ベトナム生活体験からくる話があって面白いが、写真を見るだけでも十分楽しい。
食べ物がとっても美味しそうなのは当然として、食材産地の農村の風景、食材そのもの(ブタさん)、厨房での調理風景とかが載っている。

◇南部地方
   1 なぜかなつかしい、ベトナム版お袋の味
   2 定番の観光地で会えるご当地麺
   3 臭いものは旨い!悦楽の発酵食品
   4 長い他民族との融合が育んだ異食文化
   5 しっとりしなやかな食感のライスペーパー
◇中部地方
   6 誇り高き農家が作るブランド野菜
   7 黄金色に透き通った、一番仕込みの極上の一滴
   8 ベトナム屈指の人気リゾートで豚三昧
   9 この土地の水でしか作れない名物麺
  10 実直な人々が支える、一杯14円の奇跡
◇北部地方
  11 ハノイっ子の癒しアイテムは食と湖
  12 カニの旨みが凝縮された局地的汁麺
  13 世界遺産で味わう庶民スタイルの魅力
  14 一世紀の歴史を持つ名店の魚の炒め鍋
  15 フォーを食べながら、ベトめしを考える

ベトナムめしの旅 ベトナムめしの旅
伊藤 忍、福井 隆也 他 (2004/12)
情報センター出版局

この商品の詳細を見る

「ベトナムめし楽食大図鑑」
伊藤忍と福井隆也のコンビのベトナム料理とレストランガイド。カタログ風なので写真がたくさんあって、カラフルではある。
旅行者や現地生活者には便利だろうが、「ベトナムめしの旅」の本の方が食文化を考えるにはずっと良い。

ベトナムめし楽食大図鑑 ベトナムめし楽食大図鑑
伊藤 忍、福井 隆也 他 (2006/07)
情報センター出版局

この商品の詳細を見る

「ヌクマムの香り パパイヤの味 ベトナム食紀行」
カラー写真は多くはないが、紀行文にモノクロ写真が載っている。
たまたまベトナムへ旅行者しただけの下手なベトナム旅行記とは違って、食に絞った紀行文のレベルは高い方。
モノクロでも、紀行文を読みながら見れば、十分楽しめる。

ヌクマムの香りパパイヤの味―ベトナム食紀行 ヌクマムの香りパパイヤの味―ベトナム食紀行
NHK出版 (2002/02)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る

「ベトナムで見つけた かわいい☆おいしい☆安い!」
イラストレーターが書いたベトナム雑貨買い付け旅行記。
文章にマッチしたカラーのイラストが可愛い。
文字とイラスト、写真とを駆使して情報量は豊富。
いろんな雑貨が登場するが、それ以外にミニホテルやベトナム料理の話しも載っている。
ミーハーっぽいが、文庫版でこれだけの中身なら、十分お買い得。

ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い! ベトナムで見つけた―かわいい・おいしい・安い!
杉浦 さやか (2000/04)
祥伝社

この商品の詳細を見る


ベトナム料理を作るのなら、写真も綺麗なこの2冊。
見るだけでも楽しい。
料理にはヌックマム、デザートにはココナッツミルクを常備。

「ベトナムの料理とデザート」
ベトナム人女性が書いているだけあって、ベトナムの家庭料理らしきものがいっぱい。
麺、パン&ライスペーパー、和え物%スープ、炒め物&煮込み、おかゆとバリエーションは豊富。
ヌックマムに加えて、レモングラスやコリアンダーを調達しておけば、大抵のレシピは作れそう。
デザートはチェーとココナッツミルク系が多いので、「ベトナム おやつの誘惑」の方がバリエーションが多い。

ベトナムの料理とデザート ベトナムの料理とデザート
P.T. トウェン、青木 由希子 他 (2001/07)
PARCO出版

この商品の詳細を見る

「ベトナム おやつの誘惑」
レシピは詳しいが、それ以上に、おやつの説明、バナナ・チェー・ココナッツアイスや現地のお菓子屋さんやパン屋さんとかに関するコラムが多くて、ちょっとした読み物にもなる。
日本人女性が書いているので、現地の食事情で面白そうな話が多くて楽しい。
定番のチェー、生春巻き、バゲットサンド、ベトナムコーヒー、ココナッツアイス以外にお饅頭や飲茶のレシピもあって、ベトナム+フランス風+中国風のお菓子も作れるのがいい。

07076380.jpg
ベトナムおやつの誘惑
塚尾 智子、大矢 かおり 他 (2001/02)
旭屋出版

この商品の詳細を見る
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。