*All archives*



ういろう(外郎)
ういろうは漢字で「外郎」と書く。
なんで外郎と書くのかは不思議だったが、”TOPPY.NET 名古屋と東海3県の総合情報”「ういろう裁判」に、外郎の名前の由来が出ていた。
諸説はあれど、下郎は中国から伝わった薬。来日した中国人が作った「外郎透頂香」を小田原の行商人が売り歩いていたが、これを外郎売りと言った。その薬と一緒にお菓子を売っていたところ、現在ではお菓子の方が有名になった、ということらしい。

名古屋の名物かと思っていたが、伊勢、京都などの名物でもあるそうだ。
作り方は、米粉と黒砂糖を混ぜてから、蒸すだけ。
抹茶、小豆、コーヒーとかを混ぜ込んだういろうを良く見かける。
名古屋で有名なのは、「大須ういろ」と「青柳ういろう」。
伊勢市名物の
「虎屋ういろ」は、小麦粉を使うので、他のういろうとは食感が異なるそうだ。

今日のおやつはういろう。
レシピは小麦粉で作るういろうで、蒸さずに電子レンジで作る。
小麦粉、砂糖、塩を混ぜて水に溶かし、電子レンジで加熱すれば出来るという簡単なレシピ。
半分は粉末ココアを混ぜ込んでチョコレートういろうにした。

ういろうは加熱しすぎるとカチカチに固まってしまうらしいので、短めに加熱時間をセットして様子を見る。
表面が乾燥してしまったのは、やはり加熱のしすぎのようだ。
試食してみると、ういろうもどきのようではあるが、そこそこ食べれるおやつ。
餃子の皮で作った八ツ橋もどきよりは、随分マシ。
ういろうは甘さを出すために、砂糖を大量に使っているので、一度に食べるのは控えた方が良い。
お店で買ったものは砂糖の量がいくらかわからないが、自分で作ったものを食べると注意するようになる。
蒸し器で蒸してみたら、もっとぷるるんとするかもしれないが、1時間以上は蒸さないといけないらしい。
小麦粉に上新粉を混ぜて作る方法も見つけた。
今度はそれで作ってみれば、もう少しういろうっぽい食感になるかもしれない。

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。