*All archives*



寄付できる自動販売機
自動販売機で寄付ができるご時世になったようだ。
さすが自動販売機先進国の日本は進んでいる。
日本の自動販売機が、いかに高機能化しているかは、「自動販売機の文化史」という本を読めばよくわかる。
日本の自動販売機のスゴイところは、ホットとアイスが両方出てくることと、機械がお礼の言葉を言うところらしい。
日本人にとって、自動販売機は日常で見慣れたものだが、海外へ行くと自動販売機がどこにでも置いているわけではない。
海外在住者や旅行者の話を聞いても、新聞・飲料・スナック類の自販機なら見かけるが、それも駅、空港、学校くらい。
そもそも、アメリカでは、お酒、タバコを買うには年齢を証明するものを見せないといけないらしい。
以前はドイツでたばこの自販機が多かったそうだが、今はどうだろう。

自動販売機の文化史 自動販売機の文化史
鷲巣 力 (2003/03)
集英社

この商品の詳細を見る

日本人は、鉄腕アトムに始まり、ホンダASIMOに至るまで、機械・ロボットの擬人化には抵抗がない国民性。
思い出したのは20年以上前に読んだカート・ヴォネガットの「プレイヤー・ピアノ」
オートメーション生産システムの前では、機械に劣る労働者は職場からはじき出されてしまう。たしか、最後は暴動が起こって、工場の機械たちが破壊されるようなストーリーだった気がする。
機械化の進んだ国では、ロボット=人間の職を奪うもの、というイメージが強く、二本足の人間型ロボットは不気味で敬遠されるという話を聞いたことがある。

この寄付機能付き自動販売機。寄付システムの違いから、ショッピング募金タイプと寄付タイプの2種類に分けられる。

ショッピング募金タイプ
自動販売機による購入額(または売上額)のうち、一定比率の金額が特定団体への寄付金となる。
寄付金は、売上金から製品メーカー、オペレーター、設置者などが支払う。
商品購入者自身が、寄付金を追加負担することはない。
ネット通販でよく見られる”ショッピング募金”を自販機に応用したようなもの。

<設置例>
ホワイトリボン自動販売機:伊藤園が飲料販売1本につき2~5円をホワイトリボン運動への寄付金として、ジョイセフに寄託。
緑の募金自動販売機:ダイドードリンコと自販機設置者が収益金の中から一部を「緑の募金」として国土緑化推進機構に寄付。1800台が設置されている。
盲導犬育成募金自販機:ダイドードリンコと)栃木盲導犬センターの共同事業。自動販売機に盲導犬の写真が貼っているタイプあり。

dhiza.jpg


ボランティア・ベンダー基金システム:ボランティア・ベンダー(VV)マークのステッカーが貼ってある自動販売機なら、1缶の購入につき、飲料メーカーが1円、オペレーターが1円、設置者が1円をそれぞれ負担し、計3円がステッカーに書かれている団体へ寄付される。

募金箱タイプ
赤い羽根募金等を行っている県共同募金会が、募金額の減少が止まらないことから、評議員の一人が考案し、自らNPO法人「ハートフル福祉募金」を設立して、事業展開したもの。
この自動販売機は、「ハートフルベンダー」と呼ばれ、ジュースのボタンの他に「10円」と「100円」の2種類のボタンがあり、押した金額が募金になる。
ジュースを買わずに募金だけすることもできるし、募金なしでジュースだけ買うこともできる。
2006年4月に東北福祉大に設置されて以来、北海道・東北地方に設置が進み、100台になりそうな勢い。募金額累計は50万円くらい。
はじめは宮城県だけの仕組みだったようだが、今では、募金は設置された各道府県の共同募金会に寄付されることになったそうだ。

<設置例>
坂本九思い出記念館の赤い羽根自動販売機
宮城県登米市迫老人福祉センター

そもそも自動販売機自体が電力の浪費だとか、寄付を深く考えずに手軽にするのはいかがなものか、という思う人もいるらしい。
既存のシステムを最大限活用して、募金・寄付行動を日常的なものにするには、いい着眼点だと思う。
なにも思想信条で寄付する人ばかりいるわけではない。
ショッピング募金は、同じ買うなら寄付金つきの商品をという消費行動につながる。
といっても、購入者の方は自腹を切らないので安易といえば安易だが、エコ商品を率先して買う行為と大差があるわけでもない。
企業のセールスプロモーションと”社会貢献”とが一石二鳥で実現するのだから、企業にとってはメリットがあるのだろう。
ショッピング募金をした人の何割か、何パーセントかの人が、自分のお金で寄付していくことにつながれば、そのきっかけとして寄付ができる自動販売機というのは、面白い仕組みだと思う。

Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。