*All archives*



ストウブのピコ・ココット
新横浜へ仕事に行った帰りに、合羽橋に寄ってみた。

合羽橋は卸問屋街なので、平日でも18:00くらいにはほとんどのお店が閉まってしまう。
土日はお休みのお店も多い。ゆっくり見て周りたいなら、平日の昼間に行くに限る。
休日よりも平日の方がやはり賑わっていた。
車に買ったばかりの料理用具やら食器の袋を何個も載せている人もいた。
10セットまとめてお椀セットを買っている人もいた。お店をしている人なんだろう。
夕方になると会社帰りのOLやサラリーマンが和食器のお店をのぞいている。
合羽橋にいると、いろんなお店をみて回るだけでも数時間がすぐ経ってしまう。
今日はローヒールなので、足の裏がだんだん痛くなってきた。
ウォーキングシューズを履いて行く方が足が疲れなくていい。

今日の目的は、ストウブのピコ・ココットの丸いラウンドタイプのお鍋を買うこと。
ル・クルーゼと違って、置いているお店がちょっと少ない。
輸入専門店のキッチンワールドDTIへ行くと、店頭にあったのは18cm以上のピコ・ココットたち。
小さいストウブは、間が飛んで、10cmサイズ以下が展示している。
価格表を見ると、16cmだと9555円。定価が13000円だから3割引きくらい。
楽天のオンラインショップの最安値よりは数百円高いが、送料が不要なので結局は同じくらいの値段。
14cmと比較したかったので、他のお店を探しに行った。
数件北側の普通の卸問屋風のお店で真っ黒いストウブが並んでいた。
こういう店構えのお店でストウブを買う人も少ないはず。
しっかりホコリをかぶっていたので、他のお店を探しに回る。

結局、Dr.goodsでストウブを見つけた。
ここはル・クルーゼも売っていたが、年末頃にホームページで取り扱いを止めたと書いていた。
その通りル・クルーゼは直輸入のストーンウェアのブルーとグレーが置いてあるのみ。在庫品のようだ。
その代わりストウブのお鍋がいくつか並んでいる。
10cm、12cm、14cm、16cmと小さいピコ・ココットが置いてあった。
14cm以下だとすごく小さい気がする。
10cm、12cmは使い方が限られそうで、ご飯を1合炊くのは荷が重過ぎるかも。
14cmだと1人分のスープにはちょうど良いが、ブラバンシアかフィスラーのソースパンを買う予定なので、ストウブはご飯炊きや煮込み料理がお仕事。
そうなると16cmサイズが使いやすそうに思えた。
1人分の料理だと、16cmが大きくもなく小さくもなくそう重くもない。
値段はDTIと一緒の9555円。この界隈も競争が激しいんだろう。
結局、16cmのココ・ピコットラウンドを購入。
ここ数ヶ月欲しかったストウブがようやく手に入ったのとても嬉しい。やはり実物を見て買うと失敗が少ないので、合羽橋めぐりは止められない。

Dr.goodsは、お菓子作りの道具も店内に置いているので、見ていて楽しい。
店内は可愛らしい雑貨屋さんの雰囲気。周りの卸問屋にはないような洒落た柄のエプロンやポットホルダーなんかも売っている。
相変わらず入り口の右手にロッジのスキレットが並んでいた。
なぜかフタだけがいくつも並んでいる。
ロッジのフタには、ストウブの鍋フタのように、セルフベイスティング用の突起が裏側にいくつも付いている。
8インチのフタが売っていた。南部鉄器のフライパンに使おうかとも思ったが、フタだけで2500円くらいする。
これなら、小さいフライパンをもう一つ買って、100スキクッキングのようにフタ代わりに使った方が良さそうな気もする。
お魚・お肉専用フライパンにも使えるので、におい移りを気にしなくてもいいし。
ロッジのフタは今日は止めておいて、ストウブ用に綿のポットホルダーを買ってお店を出た。

ついでにお菓子作りの道具も探してみた。
「お菓子の森」は品数が多いので時間があるときにゆっくり見るとはいいが、すでに5時近く。
良くガイドブックとかで紹介されている馬嶋屋菓子道具店に行ってみた。
お菓子の森に比べて品数は少ないが、何を買うかがある程度決まっているのなら選び安い。
お店で展示しているものは、定番で売れ筋の物が多いようだ。
ここでは、ブラックのフッ素加工しているマルグリット型17cm(966円)、スイス製のウェンガースナックナイフ(1155円)、寒天流し缶(6等分する仕切付で672円)を購入。

他に買ったのはお箸置き。
和食器のお店を何件か見て回った。
自分で使うのだから、2つもあれば十分なはずなのに、桜の花びらや枝付き桜のお箸置きが綺麗だったし、赤紫と緑色の蕪の色彩も鮮やかだったので、全部で4つ買ってしまった。
大体300円~500円くらいのものが品質が良いようだ。
100円前後のは、色合いにムラがあったり、黒い斑点がついていたりする。それに裏が空洞になっている。
野菜の形をしたお箸置きがどのお店でもたくさん並べてあって大体80円~100円くらいが多い。
種類は、大根、人参、かぼちゃ、ピーナッツ、筍、きゅうり、白菜、赤唐辛子、枝豆、さやえんどう、赤かぶ。
私が買ったのは普段使い用の100円前後の分。それにしては、桜の箸置きのデザインはそう悪くはない。
ここ一番のお客様向けだと、箸置きとはいえ来客用に揃えないといけないが、そう来客があるわけでもないので、今日はパス。
そもそも家で食事をしに来る来客などそうあるわけがない。
他に小さな姫丼のお椀が欲しかったが、もう時間切れ。
6時半にもなれば、ほとんどのお店は店じまい。
重いストウブの鍋が入った袋を提げて、上野駅まで15分くらい歩いたが、念願のお鍋が買えたのでさほど疲れたも感じなかった。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。