*All archives*



合羽橋の和食器屋さん
一昨日、上野のキンコーズに用事があった帰りに、合羽橋へまた寄った。
欲しかった姫丼のお椀を昨日時間切れが買い損ねたので、心残りはそのままにせず、さっさと買う方が精神衛生に良い。

他に姫丼がないかいくつかお店を回ってみた。
合羽橋には和食器を売っているお店がたくさんある。
その中でも品揃えが多いのは、田窯と高橋総本店陶器店。
安さは問屋街なのでそれなりに安いのだろうが、元値の札は余りアテにならない。

まず、浅草通りに面している「和の器 田窯」へ向かう。
ここはガイドブックにも良く登場する有名なお店。
浅草通りに面しているので、結構賑わっている。
日本人や外国人の観光客、業務用の食器探しの人たちがちらほらいた。
店頭にある食器はバーゲン品。300円~500円くらいの商品が多い。

1階の店内にはそれよりもちょっと上等な陶器が置いているが、種類はそう多くはない。大体1000円前後の陶器が置いている。
特に、階段の壁に並べられたお茶碗の品揃えがよい。絵柄も色とりどりでその割りには安いような気がする。

2階には、美濃、有田、信楽、九谷、益子焼きが並んでいる。
種類が多くて、絵柄もこのクラスになると凝っている。
大体数千円くらいのものが多い。
2階にはあまりひと気がなく、値段も結構するので、そうぽこぽこと売れる感じはしない。
お茶碗1つに数千円と費やすのは、高級和食料理店か贈り物になるのだろうが、贈り物は、気心の知れた友達以外なら、やはり百貨店の包装紙の方を選ぶ人が多いはず。

ここでは手作りガラス製の「うめピコポット」を購入。
ちょうど大根の甘酢漬けのための入れ物がなくて探していたところだった。
大きくもなく小さくもなく、冷蔵庫で邪魔にならない
2割引きで700円弱。ネットで買うよりは随分安かった。

次は、昨日買い損ねた姫丼を買いに高橋総本店へ行く。
高橋総本店は店舗がいくつかあるが、和食器ならホームページに載っている写真の陶器店が良い。
業務用客相手のお店なので種類は多いが、田窯に比べて、高価な食器やモダンなデザインの陶器は少ない。
大量にセット買いしていく人もちらほら。
店員さんも数人いてるので、繁盛しているらしい。

小さな丼ものや、ちょっこっと煮物を入れるのに小ぶりなお椀が欲しかったところ。
お目当ての姫丼は、薄い桃色と白色の椿の絵柄が入っているもの。
これが定価はついていないが800円ちょっと。並んでいる多用鉢の中では一番柄が綺麗だった。

他にも和食器屋さんはいろいろあるが、「かっぱ橋まえ田」は、店頭においている四角いお皿が重宝で、何枚か買って帰ったことがある。
サイズがいろいろあって値段はかなり安い。
Francfrancでも売っているような白いスクエアなお皿。
白いお皿はどんな料理にでも合うので持っているととても便利だと、誰かの料理本に書いていた。

最後にTDIへ寄って、陶器の絵柄が木の板にはめ込んでいる鍋敷き(¥840)、野田琺瑯の白いバット(¥630)、ストウブ製の木のしゃもじ(¥200)を買って帰った。
TDIには必ず寄る習慣がついてしまった。
はじめは何か買うつもりで寄ったわけではなかったが、よくよく見るといずれ買おうと思っていた物を見つけてしまった。
ストウブ製の木のしゃもじは、普通の木のしゃもじの柄にストウブのロゴが焼き付けているもの。ほんのちょっとだけおしゃれな感じがする。

合羽橋でお店めぐりをすると、余計なものとは言わないが、そのうち買えば良いものまで買い込んでしまう。
料理グッズ大好きの人には、ワンダーワールドのように楽しい街に違いない。
Secret
(非公開コメント受付中)

初めまして!
昔の記事にコメントすみません。
私、つい最近ストウブを知って買って12cm・14cm・16cmと小さいサイズを集めたところです。良い鍋ですよね!一人暮らしの普段使いに重宝してますが、汁物のときのお玉に苦労しています。今まで使ってきた小さいお玉で大きさは良くてもステンレス製なので使えないのです。というわけで、

>ストウブ製の木のしゃもじ(¥200)

について詳しく(正式名称・サイズ・姿・使い勝手など)教えていただけませんか?私が検索してみた範囲では見当たりませんでした。それとも、ネットでは手に入らないですかね。。

誠に勝手ながら、よろしくお願いいたします。

追記:あ゛…今気付いたのですが、しゃもじとお玉は全然違いますねi-282
でもご飯炊いたときにしゃもじにも困った(プラスチックだと溶けそう?木のは大きいのしかない)ので、引き続き、上記よろしくお願いします。
ツール探しって大変ですね
魚丸さん、こんにちは。

ストウブのお鍋はとっても素敵ですね!それも3つも揃えているなんて、良いですね~。

まず、わたしの使っているストウブの木のしゃもじのことですね。
これはキッチンワールドTDIというお店で、パッケージなしで、無造作にど~んとカゴの中にたくさん置いてました。
多分他のお店では売っていないと思います。直接お店に問い合わせてみてください。
http://www.kwtdi.com/pro.html

長さが18cmくらいの小ぶりのもので、持ち手のところに「staub」という文字が焼き付けてあるものです。
竹製ではないようなので、ブナか何かの木とは思いますが、木の種類はよくわかりません。ラベルが全く付いていなかったので。
エンボス加工とかは当然できないので、水で湿らせておいても、ベタベタとごはん粒がひっつきます。
ご飯をすくう部分はほとんどくぼみがないので、ご飯はすくいにくいとは思います。
個人的にはそれでも問題ない使い勝手ですが、個人差もあるので...。
木製なので、洗ったらすぐにお布巾でしっかり拭いてから、自然乾燥させてます。
木製品は湿ったままだと、カビがつきやすいですから。

ストウブとル・クルーゼには、ゴム(かブナ?)の木でできたお玉を使っています。
百貨店や専門店でも売っていることがありますが、欧州製の木製品だったら結構なお値段がします。
私は100円ショップ(ダイソー)で見つけました。ドイツ産の木を使っているはずですが、製造地は中国だったと思います。
これは安いわりにはそこそこ良い使い心地です。すくう部分が小さいのが難といえば難ですが、それも慣れればどうということもないです。
ちなみに、100円ショップには、竹製の小さいしゃもじも売ってました。東急ハンズとかでも売っていたと思います。
私はプラスチック製しゃもじは好きではないので、ストウブのしゃもじがダメになったら、次も竹とかの木製しゃもじを使うと思います。

最近はシリコン製のお玉や、ティファール用のナイロン製のお玉もみかけます。
サイズが大きいので私は使っていませんが、大きくても良いのなら、木製お玉よりも手に入りやすいです。ただし、柄の部分はステンレス製になっている場合が多いと思います。

では、良いツールを見つけて、ストウブを大事に使ってくださいね!
ありがとうございます!
詳細に教えてくださって有難うございます。
ストウブ初心者なので助かります。
ルクルーゼも良いですよね。私は持っていないのですけど。
色々少しずつでも集めていきたいです。

私は地方在住なのですが、近々東京のほうに用事で行きます。
地理にうとくて(住んでいる地域でも迷うくらい…)ひとりでは行ききれないよな~と思っていたのですが、ご説明を伺ううちに、やっぱり実物みなきゃ!という気持ちになってきました。頑張って行ってみようかな…でも見たら買い込みそう。買い込んでも持って帰れない…と悩みは尽きませんが、なるべく実物を見て買うよう工夫してみます。地元の100円ショップも覗いてみますねi-236

ネットで見た限りでは、さらや さんの小さいお玉が良さそうに思いました。賭けになってしまいますが。
http://www.h3.dion.ne.jp/~saraya/newpage4.html

今後もチェックさせていただきますので、何か良い情報があったら是非教えてください。私も何かあれば提供いたします。よろしくお願いします。

そうそう、ストウブは微妙に値上がり始めているように見えます。16cmの底値が1万超えてきました。ということは、大きいサイズが以前分の在庫価格で残っているうちに買い込んだほうがいいのかもしれません。しかし、一気買いは金銭的には相当キツイです。。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このところ、12cmで無洗米を炊きまくり。 蓋をしたまま最初から弱火、鍋掴みを持ったままスタンバイして3~4分で吹き零れ直前に蓋を開けて箸で底からぐりぐり混ぜる。ついでに何粒か味をみて、残り1~2分の加熱時間を決め、火を止めて10分待つ。邪道かもしれないけ...
和食器 ご飯茶碗 のブログチェック ... 三笘修さんの角皿&その他モロモロ入荷です! ... 【*チョイス】から和食器の最新情報を、 お届けいたします! 時には ... お洒落な「男性用の大ぶりのご飯茶碗」って売ってなくない? 大きめサイズのご飯茶碗。女性でもミニ丼やお
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。