*All archives*



いちめんのなのはな
オオタさんのブログ「現身日和【うつせみびより】」で菜の花の記事を読んで、「いちめんのなのはな」という詩を思い出した。


風景 純銀もざいく
~山村暮鳥 『聖三稜玻璃』より~

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
ひばりのおしやべり
いちめんのなのはな

いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
いちめんのなのはな
やめるはひるのつき
いちめんのなのはな。


群馬の印刷会社旭印刷工業のホームページに詩人山村暮鳥のことが書いてあった。

彼は宣教師だったという。
詩への情熱が強く、神学生のころ勢いあまって、教会史の試験答案を詩で書いて提出したそうだ。
これは笑えてしまうが、教授が理解ある人物だったので合格点をもらうことができたという。
まさに詩人たるべき運命の人だったのかも。

彼は童話作家でもあった。「ちるちる・みちる」の作者でもある。
「ちるちる・みちる」は子供の頃、読んだことがある。
あまりに幼少だった頃に読んだので、お話しも作者が誰かもすっかり忘れてしまっていた。

この詩は高校時代に1度だけ見たことがあった。
作者はわからずとも、詩句だけはしっかり記憶に刻み込まれてしまった。
菜の花を見ると、かならずこの詩句を思い出すようになった。
もう20年以上も前になるのに、この一節だけは忘れないのだから、不思議なもの。
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
タグリスト
マウスホイールでスクロールします

月別アーカイブ

MONTHLY

記事 Title List

全ての記事を表示する

リンク (☆:相互リンク)
FC2カウンター
プロフィール

yoshimi

Author:yoshimi
<プロフィール>
クラシック音楽に本と絵・写真に囲まれて気ままに暮らす日々。

好きな作曲家:ベートーヴェン、ブラームス、バッハ、リスト。主に聴くのは、ピアノ独奏曲とピアノ協奏曲、ピアノの入った室内楽曲(ヴァイオリンソナタ、チェロソナタ、ピアノ三重奏曲など)。

好きなピアニスト:カッチェン、レーゼル、ハフ、コロリオフ、フィオレンティーノ、パーチェ、デュシャーブル、アラウ

好きなヴァイオリニスト:F.P.ツィンマーマン、スーク

好きなジャズピアニスト:バイラーク、若かりし頃の大西順子、メルドー(ソロのみ)、エヴァンス

好きな作家;太宰治、菊池寛、芥川龍之介、吉村昭、ハルバースタム、アーサー・ヘイリー
好きな画家;クリムト、オキーフ、池田遙邨、有元利夫
好きな写真家:アーウィット

お知らせ
ブログ記事はリンクフリーです。ただし、無断コピー・転載はお断りいたします。/ブログ記事を引用される場合は、出典(ブログ名・記事URL)を記載していただきますようお願い致します。(事前・事後にご連絡いただく必要はありません)/スパム投稿や記事内容と関連性の薄い長文のコメント、挙動不審と思われるアクセス行為については、管理人の判断で削除・拒否いたします。/スパム対策のため一部ドメインからのコメント投稿ができません。あしからずご了承ください。